冬の北アルプス・穂高連峰の絶景展望台、霞沢岳(西尾根から)









2024年2月24日、長野県松本市にある霞沢岳(かすみざわだけ:標高2646m)に行ってきました。






霞沢岳は上高地の入口にある200名山で、穂高連峰や焼岳を間近に眺められる、北アルプスの展望の山です

無雪期の夏道は上高地から徳本峠(とくごうとうげ)を経て、稜線を歩いてたどり着くルートとなっていますが、冬は冬季限定の西尾根で登れるとのことで、今年は登れるタイミングを伺っていました

予定していた日が運良く晴れてくれました。冬に霞沢岳に行く場合、駐車場は基本的に坂巻温泉を利用することになりますが、台数に限りがあることや、連休中ということもあり停められないと困るので、タクシーを予約して沢渡から釜トンネルまで利用しました(アルピコタクシー、4000円ほど。沢渡への戻りは15時まではタクシーが釜トンネル入口で待機。それ以降は18時のバスとなる)

釜トンネルと上高地トンネルを歩いて通り抜けて、ちょっと行くと取りつきになります。急登とちょっと緩んでを繰り返して登って行きます。しばらくはストックを突いて登っていましたが、樹林帯の急坂の途中で手がかりがなくなってそれ以上登れなくなり、初めて冬山でピッケルのお世話になりました。そうか、こういうところでピッケルがいるのかと、いい経験になりました

これまで結構な数の雪山に登ってきましたが、滑落防止の用途以外に、登攀でピッケルが必要になる場面は一度もなかったんです。さすが北アルプスのバリエーションルートだと思いました

そして樹林帯を抜けてしばらく進むと、一番の難所の「核心部」と言われるポイントになります

ここには3本のロープが配置されていました。かなりの急角度、かつ結構な高度感のある岩場なので緊張感がありました。左手でロープをつかみ、右手でピッケルを雪に差し込み、両足のアイゼンの前爪を使って3点支持で登って行きます。アイゼン、ピッケル、ヘルメット必須のルートです

核心部をなんとか乗り越えると、山頂からの稜線に出ます。振り向くと焼岳が大きく現れ、右には乗鞍と御嶽山がゆったりとした山容を見せます。そして左には西穂・奥穂・前穂がドーン!!と、王者の風格。これだ、これが見たかったのだ

山頂からは360°の大展望。「霞沢岳」の看板の奥に鎮座する穂高岳を、青空バックに見ることができて感無量。常念岳の形もいいね。笠ヶ岳もすぐそこだ。素晴らしい北アルプス中心部の大展望。緊張感あるポイントを越えて来ただけに苦労が報われました

下山は核心部で1時間近く渋滞待ちとなりましたが、メンバー6人、全員慎重に下りて無事下山できました

霞沢岳西尾根、これまでに登った雪山とは違う、一段レベルの高いルートでしたが、いい経験になりました。これくらいのレベルのところが他にあれば、また挑戦してみたいですね


まさか自分で計画して釜トンネルを歩く日が来るなんて、人生の展開はわからないもの
kasumi20240005.jpg


この時点ではただのファッションだろうと思っていたピッケル。この後、ピッケルがないと登れないポイントが3ヶ所現れる
kasumi20240035.jpg


核心部全景。壁みたいな急登
kasumi20240090.jpg


まずはピッケルを頼りに登る
kasumi20240101.jpg


ピッケルを頼らないと安定しなくて怖い、高度感のある壁みたいな急登なのですkasumi20240110.jpg


上部にはロープがあって助かる。このロープがないと、普通の登山者には上り下りはムリ
kasumi20240117.jpg


核心部を登り切ったところ。後ろに焼岳
kasumi20240492.jpg


クリーミィなS字カーブ
kasumi20240132.jpg


乗鞍
kasumi20240159.jpg


御嶽山
kasumi20240170.jpg


王者の風格、穂高連峰
kasumi20240157.jpg


kasumi20240165.jpg


山頂へ、ビクトリーロード
kasumi20240174.jpg


山頂
kasumi20240189.jpg


常念
kasumi20240259.jpg


笠ヶ岳
kasumi20240261.jpg



kasumi20240278.jpg


kasumi20240243.jpg


下山です
kasumi20240371.jpg


kasumi20240392.jpg


渋滞の核心部を緊張して待つ
kasumi20240417.jpg


ロープに頼って慎重に下りる。その後も三点支持で落ち着いて下りれば大丈夫
kasumi20240424.jpg


核心部クリア!
kasumi20240496.jpg


全員無事ゲザーン!!
kasumi20240460.jpg


この日のルートはYAMAPの日記にて。






B型人間の山歩き

新潟の、冬にストーブのある山小屋

冬の低山・里山歩きの服装・装備と注意事項

B型人間の山歩き地図


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://btypeoutdoor.blog.fc2.com/tb.php/1442-432c6c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
B・Yと申します。今は趣味で「B・Yツアー」と称してハイキングツアーをやってます。新潟を本拠地に、仲間と県外遠征をよくやっています。昔からのプロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

ブログの最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

日焼け防止にアームカバー

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。