ボーカルの気持ちがだんだん高ぶって爆発!する、Love at Last

HOME YAMAP B型人間の山歩き

twitter instagram 新潟の投げ釣り




今日はThe Modulationsというグループの、Love at Lastという曲についてです。





初めにお断りしておくが、下記のワタクシの駄文を読む前に、できれば、まずはご自身でこちらの曲を聴いてみていただきたい。The Modulationsというグループの、「Love at Last」という曲である。どんな感想をお持ちになるだろうか?





私はこの曲を初めて聞いた時、それはそれは衝撃であった。


今風な言葉で言うなら、のっけからエモさ全開のヤバさなのである

いや、それは表現が違うな。

このボーカルは最初のうち、隠しているのだ、


内に秘めた激情を、パッションを、隠しているのである。


しかし、この曲を初めて聞いても、それは感じられなくて当然のことではある。何度か聴いて初めてわかることだからである


曲が始まり、しばらくは普通に歌っている(ようなふりをしている)

そしてサビに入って行く。

やがてボーカルは、感情の高ぶりが抑えきれなくなり、


魂のパイパー高音シャウト!!(発狂?)


(!!)← ワタクシ


なんだ? 何が起こったのだ?

いや~~、驚いたのなんの。初めてこの曲を聴いてこのシャウトの不意打ちを食らった時は、

鳩が豆鉄砲を食らったようになったね。マジで。


このシャウトによりスイッチの入ったボーカルはその後、エモーショナルに
ウ~ウ~」と、うなり始める。

もうこのボーカルに、何か降りて来ているのではと思わせるほどのうなり(イタコ?)


そしてまた普通の曲の部分に戻るのだが、その後も


「ワォ!」 と、シャウト(発狂?)と、


「ウゥ!ウゥ!!」 と、うなり(イタコ?)を繰り返していく


もはや、 躁鬱病患者であるか、ヘンな薬をキメてるのではないかとの疑念が止まらない。


いや驚いたねえ。こんな自由でエネルギッシュでイタコ(?)なボーカルは、近頃の洗練された音楽にはないよなぁ(遠い目)


バンド名の「Modulation」というのは、「変調、転調、抑揚」とかの意味らしいが、この曲はまさにそれを体現している。なるほど納得である。他の曲は知らんけど






HOME B型人間の山歩き 新潟の投げ釣り




関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://btypeoutdoor.blog.fc2.com/tb.php/1380-7d24cc1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
B・Yと申します。今は趣味で「B・Yツアー」と称してハイキングツアーをやってます。新潟を本拠地に、仲間と県外遠征をよくやっています。昔からのプロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

ブログの最新記事

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

日焼け防止にアームカバー

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。