六角山:上越市吉川区の、里山なんだけど秘峰な探検日記


twitter

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド   



2023年7月2日、上越市吉川区にある六角山(ろっかくやま:標高108m)に行ってきました。






この秋に上中越の4つの里山を巡るハイキングツアーをやりたいと思っているのですが、その4つのうち3つは登っていて、1つだけ登ったことのない山があるので調査に行ってきました。それが表題の、「六角山」です


ところで、



六角山、登ったことありますか?



ないはずなのは承知で聞いてるのでイヤラシイのだが、もし、このマニアックな山にもし関心のある人がおられたならば、ぜひ友達になりたいのでコメントください♬↓


しかしだ、こんなマイナーでマニアックな山、誰も気にも留めないだろうと思ったら、いるんだこれが。世界は広いのである


「百山百色」というページでの山行記録があるのは知っていた。まぁこのサイトは新潟の山はほぼ全部制覇してるからお約束であるとして。その他にも、YAMAPで、積雪期に登頂した記録が1つあった。この六角山に目をつけたところにはエールというか、拍手喝采を送りたい👏 あ、というか、この記録の方、友達になりませんか?


さて、ワタクシの六角山の日記である。なにせ「わずか標高108mの里山」である。あまり深く考えず、(行けば適当に登れんだべ?)という安易な気持ちで向かったのである。ところがどっこい、そう簡単には問屋が卸さないのが、マイナー里山の難しさなのである


まずは、地図を見ると、六角山に一番近くまで道路があるように見える、①の赤線を行ってみた
rokkaku0055.jpg

田んぼの脇にあるキレイな砂利道を10分ほど歩くと、六角山への取りつきに着いた(✖地点)。しかし、夏草と灌木のヤブが生い茂り、どう見てもここから上がれそうにはなかったので退却した

一旦車に戻り、そういや「百山百色」のレポはどこから取りついていたのか調べたら、吉川中学脇の旧スキー場からだった

ということで、百山百色のレポにならい、②の吉川中学のグランドのはずれの地点に来た
rokkaku0059.jpg

かつては、中学のグランドのはずれにある六角山の斜面がスキー場だったそうである。そのスキー場の中を登山道が通っていて、登山口の案内板などもあったらしいが、随分前にそうしたものはなくなったらしい

スキー場跡は、背丈の高い夏草に覆われてはいるが、それらしい地形であるのはわかる。雪が積もればそれこそバックカントリーで楽しめるだろう

百山百色のレポではスキー場に向かって右から取りついた、とあったので、そのように行ってみる。すると、夏草の合間にわずかな踏み跡があるではないか。ということで進んでみた

しかし、わずかに進むと(緑線)、すぐに道はなくなり、山の斜面を上がって行くのは夏草が立ち塞がって不可能になった。それがA地点である

だが、A地点からは六角山の裾野の方向に、きれいな道がついていた。しかし、この道を行っても六角山には方向的にたどりつけそうもないので撤退することにした

②の百山百色ルートもダメだった。ちなみに、先述したYAMAPの冬季ルートも、吉川中学から旧スキー場のルートを取っていた


さて、どうしたものか。あとは、六角山東側の下深沢集落から行けるかどうか。もう一度、先ほどの地図である
rokkaku0059.jpg

地図を見ると、下深沢集落と六角山の間に貯水池らしきものがある。普通であれば、少なくとも集落からこの池までは道があるはずである。そして、私の経験からして、この池から六角山くらいの距離であれば、踏み跡があってもおかしくないのでは、と思った


③のあたりに路駐し、とりあえず貯水池に向かってみると、池までは車が通れそうな道がついていた
rokkaku0058.jpg

池の脇から、更に山の上へと道がついている(青線。但し、ルートはだいたいです)。なんだ、いい登山道があるんじゃないか。ということでしばらく進む

ところが、あるところで道がなくなった。Bとある地点の右上の、小山のふもとのあたりである

道はなくなり、そこから先はやや急斜面の薄いヤブが広がっている

しばし沈思黙考してみたが、ヤブも薄いしなんとか行けそうなので、やや急斜面ではあるが登ってみることにした

登ってみると、案外簡単に登ることができた。そして六角山の方向に進み、B地点に来ると、なんと明瞭な踏み跡に合流した
rokkaku0011.jpg
(明瞭な踏み跡)

道は右から来ていたので、きっとちゃんとした登り口がこの下部にあるのだろう

あとはその踏み跡に従い進んで行くと、やはり六角山の山頂に着いた

rokkaku0012.jpg


rokkaku0013.jpg

やった! 六角山、無雪期単独登頂に成功🙌


周りは360°樹林帯の完璧な無展望。山名板もなし。しかし、間違いなくYAMAPのGPSで六角山の山頂に立った


ここで何をしてみようもないので、すぐに下山とする。ところが、下って行くと、あるところで明瞭な踏み跡が、自分が来たのとは違う、左の方に伸びていた

かなり明瞭な踏み跡であるし、登って来たのとは違う方向に下りることにはなるが、そう遠いところに下山するわけではないだろうし、ということで、その踏み跡に沿って下りることにした


再び地図であるが、その踏み跡を下っている途中で(ピン!)と来た
rokkaku0058.jpg

この道を下りて行くと、先ほどのA地点から先に伸びていた、キレイな道を行った先に出るのではないか?

すると、大きな池のほとりに出た。それがC地点である。そこはちゃんとした道になっていて、池に向かって左右に道が通っていて、右に行けばA地点に行くものと思われた。そして実際その通りだった。しかし、C地点に、六角山を示すものは何もなく、ここが六角山への取りつきであることは絶対にわからないような様子だった

rokkaku0020.jpg
(C地点で池を眺める)


rokkaku0018.jpg
(Aに向かって歩く)


rokkaku0021.jpg


rokkaku0022.jpg


やはりA地点に出て、また吉川中学のグランドを横切り、スタート地点に戻った
rokkaku0023.jpg


こういう里山のヤブ山は、雪のある時に行けばなんてことはないのだが、今回はこの秋にやりたいと思っているハイキングツアーの下見ということで行ってみたのだが、やはり下見をしてよかった。思っていたのと全く違うルートを発見できた

この時期のヤブ山は、場所によってはヒルやらチャドクガやらマダニやら、ロクでもないのがいたりするのだ。YAMAPを使い始めた頃はGPSで自分の居場所がわかるので、楽しくって里山探検をやりまくったのだが、何度もヒルやチャドクガの洗礼を喰らって懲りた。その後は夏場の里山探検はやらず、雪のある時にやることにした。この日は特にそうした被害にも遭わなくて幸いであるとともに、久しぶりに冒険気分を味わわせてもらい、ありがたかった🙏

こんなプチ探検ができるのも、YAMAPのGPSがあればこそ、であります🙏






B型人間の山歩き

B型人間の山歩き地図


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒





関連記事

コメント

3239. 

お久しぶりです。笑
六角山、登りに行きましたが撤退しました😂😅
ちなみに近くの雁金山、大正山などは行きました。
こういうの面白いですよね、マイナーな里山は大好きです😋
  • 2023-07-04 22:28
  • かあちゃん
  • URL
  • 編集

3240. Re: タイトルなし

なんと! こんなところに六角山チャレンジャーがいたとは🤣 友達になってください!🤣

雁金山はわかったけど、大正山は見つからなかった。そしたら、茶臼山(43m)なんてのを見つけた🤣あの辺はマイナー里山の宝庫なんだね

六角山、再チャレンジしましょう😁
  • 2023-07-05 05:03
  • B・Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://btypeoutdoor.blog.fc2.com/tb.php/1378-51f6c383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
B・Yと申します。今は趣味で「B・Yツアー」と称してハイキングツアーをやってます。新潟を本拠地に、仲間と県外遠征をよくやっています。昔からのプロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

ブログの最新記事

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

日焼け防止にアームカバー

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。