岩菅山避難小屋→裏岩菅山→烏帽子岳→秋山郷  稜線の山旅(2日目)

B型人間の山歩き  


避難小屋泊まりの持ち物ガイド

2019年9月14、15日、志賀高原から岩菅山に登って避難小屋に泊まり、秋山郷の切明温泉に下りました。

9/15、2日目の日記です。  1日目





今回のルートはYAMAPの日記にて。


朝です🌄 東から登る朝日
iwa199150001.jpg


西に沈まんとする中秋の名月
iwa199150005.jpg


雲海を眺めて静かに佇む一緒に泊まった方
iwa199150007.jpg


この方は、今日は裏岩菅山をピストンして志賀高原に戻られるそうです。


私が先に出発です。


「ありがとうございました」


とお互い挨拶し、清々しい気分で裏岩菅山に向かいます⛰


志賀高原の最高峰、裏岩菅山へ。そして稜線をたどり秋山郷まで行きます。
iwa199150015.jpg


東からどんどんガスが湧き上がってきてはまた晴れて、を繰り返します。
iwa199150030.jpg


ゴゼンタチバナだらけでした。実の味は良くないとのこと。
iwa199150033.jpg


岩菅山を振り返る
iwa199150034.jpg


稜線にまばらに生える針葉樹。こういうのは高い山でないと見られない。
iwa199150040.jpg
(帽子をかぶったワタシ)


あそこが志賀高原の最高点
iwa199150041.jpg


裏岩菅山の山頂にとうちゃこ。標高は2341m
iwa199150043.jpg







焼額山の向こうに後立山連峰の稜線。
iwa199150044.jpg


さあ先へと参りましょう。しかし、ここから先は雲の中になるみたい。
iwa199150047.jpg


雲の中です。歩く人も少ないようで笹などが微妙に生い茂っています。道は明瞭ですが。そして、この植物が濡れていてパンツもシャツも濡れること濡れること。
iwa199150048.jpg


字の消えちゃった看板がたくさんありました。
iwa199150052.jpg


広場
iwa199150053.jpg


これはちゃんと書いてあったモノ。あら? 岩菅の字が間違ってる?
iwa199150054.jpg


いやもうですね、
iwa199150057.jpg


ビッチョビチョなんですわ💦
iwa199150059.jpg


私の服が濡れているのは~♪ 涙なんかじゃないわ 泣いたりしない~♪(by千春)
iwa199150061.jpg


もうダメ😭(←泣いてる) 衣類を全部取っ替えて雨具を装着♪ これでもう怖いものなし。
iwa199150062.jpg
(おっしゃー! 土砂降り上等、ドンと来い!)


中岳手前の小ピーク。こういう小山は見栄えが良くてウェルカムですよ~ 先っちょがちょっと🐢っぽい?
iwa199150066.jpg


堂々たる姿の裏岩菅山を振り返る。この山容が人里から見えたなら、志賀高原の最高峰でもあるし200名山くらいには入ったかも。
しかしここは人里から遠く離れた山奥。深田久弥もここまでは来なかっただろう。
iwa199150068.jpg


鳥甲山。こちらも200名山。
iwa199150070.jpg


地図で危険マークのある岩場に来ました。実質的な高さは3、4mくらい?
iwa199150073.jpg


特に問題なかったです。雨振りで下りだと気を使うかも。でも、ここを通る人はあんまりいないだろうな~~
iwa199150075.jpg


鳥甲山。いい絵です。
iwa199150080.jpg


中岳の山頂です。左下に三角点
iwa199150085.jpg


烏帽子岳に向かいます
iwa199150091.jpg


中岳を振り返る。今回の稜線ではこの中岳が一番鋭く切り立っていました。
iwa199150093.jpg


中岳と裏岩菅山のアタマ。
iwa199150095.jpg



そしてこの先で、人生で初めてイノシシとご対面。



iwa199150097a.png


登山道は左に曲がっている。イノシシはその曲がり角から出てきた。

私も登山道でイノシシと向き合うのは初めてで、(突っ込まれたらどうしよう;)と緊張しました。相手との距離は10mくらいだったか。

イノシシはそれほど大きくはなく、まだ子供だったみたい。ウリ坊? 向こうも(うわ! 人間だ!)と、ビックリマークが出てるのが見て取れました。


すると、イノシシは草むらに逃げ込んで行きました。この間、5秒くらいだったか。イノシシと登山道で対峙した緊張感、忘れられません。


イノシシをパスし、烏帽子岳へ。
iwa199150103.jpg


振り返る。岩菅山から中岳の稜線。裏岩菅山の雲が取れるのをしばらく待ったけれど、取れませんでした。
iwa199150113.jpg

マイナーだけれど、素晴らしい光景を楽しめる稜線。豊かな自然。

いいとこでした。



烏帽子岳へもうちょっと
iwa199150117.jpg


右手の、野反湖~志賀高原を結ぶ憧れの稜線
iwa199150118.jpg


iwa199150119.jpg


烏帽子岳の山頂です。YAMAPの地図とバッチリ。
iwa199150120.jpg


稜線歩きは烏帽子岳まで。この先は急降下となります。
iwa199150121.jpg







烏帽子岳を下り始めると、正面にこのパノラマが。
iwa199150126.jpg


手前の形のいい山が笠法師山。右奥の平らなのが苗場山。
iwa199150138.jpg


左が鳥甲山、右は笠法師山。笠法師山はヤブ山で立入不可能でした。
iwa199150137.jpg


右を見る。ともに200名山の佐武流山から白砂山の山々。
iwa199150135a.jpg


烏帽子岳は激下り。一気に標高を下げる。写真じゃわからないですが。
iwa199150142.jpg


樹林帯を急降下しました。
iwa199150143.jpg


急坂を下りて、目の前に笹原、その向こうに笠法師山が。
iwa199150145.jpg


笠法師山には登山道がないみたい。あわよくばヤブを漕いで山頂に行ってみたいと思っていましたが、とてもじゃないが私ごときでは踏み込めない猛烈な笹ヤブに阻まれました。
iwa199150149.jpg


ときどきヤブでムハムハするところも。
iwa199150152.jpg


そして笠法師山へ登り返し。これがヘツリ道の急登でキツかった💦
iwa199150156.jpg


烏帽子岳を振り返る。秋山郷側から見ると、山名に納得の山容。
iwa199150157.jpg


そして笠法師山の周囲を、
iwa199150165.jpg


ぐるりと巻いて行きます。左側が笠法師山。濃密な笹ヤブ。
iwa199150167.jpg


そして笠法師山から離れて少し行ったところで、草刈り道具がデポしてありました。
iwa199150173.jpg


ここから先は、刈り払いがよくなされて、とっても歩きやすかったです。
iwa199150176.jpg
(ハイウェ~)


広場。幕営も楽々可能
iwa199150177.jpg


笠法師山は形がいい。残雪期なら行けるかな
iwa199150182.jpg


大岩山の大岩壁を正面に見ながら。
iwa199150185.jpg


左の大岩山と、右のポコンと突き出たのが月夜立岩。
iwa199150193.jpg


クロヅルの実
iwa199150196.jpg


鳥甲山を木々の間に垣間見る
iwa199150197.jpg


お、タマゴタケですね。タマゴタケには間違いないんだけど、美味しいらしいんだけど、食べる勇気が出ません🍄
iwa199150199.jpg

でも、帰ってからネットで調べたらホントにウマいらしい。今度はいただいてみるか( ̄¬ ̄)🍄


東京電力の水力発電の建物のところに出ました。建物を通り抜けて行きます。

iwa199150208.jpg


建物を通り抜けてきました。
iwa199150210.jpg


水力発電用の配水管。ここから私がデポした車が見えました。
iwa199150212.jpg


下まで下りてくるとブナ林
iwa199150214.jpg


山を下りました。切明温泉の、河原の温泉への入口のところに出ました。
iwa199150217.jpg


中津川渓谷。この河原を掘ると温泉が出るところも。私も昔遊びました。
iwa199150219.jpg


吊り橋を渡ったところ
iwa199150223.jpg


切明温泉の雄泉閣
iwa199150224.jpg


そして切明橋を渡り
iwa199150226.jpg


左に東京電力の切明発電所の建物を見て進み、
iwa199150229.jpg


駐車場に戻ってきました。
iwa199150230.jpg


3連休の初日、岩菅山の避難小屋にどれくらい人が来るか警戒していましたが、私を含め2人でした。岩菅山は普通は日帰りの山ですし、避難小屋に泊まる人は少ないのかもしれません。

裏岩菅山から先は歩く人も少ないのだと思いますが、素晴らしい稜線が伸びていました。せっかく行くなら晴れた日を狙って歩くのがいいです。


それでは最後にまとめの一句:


志賀高原 → 秋山郷へ 秋山GO!!









B型人間の山歩き



B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

3027. 月は東に、日は西……の逆???

あぁ夕暮れ時でなく「夜明け」で日が昇る時は
(与謝蕪村の)俳句とは方角が逆になるんデスネ
(^。^)
先週の日曜 朝は早起きしたので月が西に沈んで
行くのを見てたら…夜の自宅警備?から猫が家へ帰ってきましたっけ(笑)

秋分の日連休は…九州西方から対馬海峡を経て
「台風17号」日本海へ来そうですねぇ(。-_-。)
  • 2019-09-21 15:52
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

3028. Re: 月は東に、日は西……の逆???

ひろかずさんこんばんは。

今日は用事で山は行けませんでした。明日あさっても天気よくなさそうですし、大人しく家でラグビーでも見てますかね。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://btypeoutdoor.blog.fc2.com/tb.php/1082-aa1802fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。