梅雨の金城山(水無コース↑ 滝入コース↓)

B型人間の山歩き  

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド


2019年6月24日、南魚沼市にある金城山(きんじょうさん:標高1369m)に行ってきました。

コースタイム (休憩込み): 駐車場(水無コース:2時間55分)山頂避難小屋(滝入コース:3時間15分)駐車場



今回のコースと登山口駐車場などの地図はYAMAPに。


ここのところ週末になると天気が崩れる悪いパターンになっている。まあ梅雨時なので仕方ないのだが。

今年の夏は北アルプスに行こうと思ってるので、できるだけ高い山でトレーニングしたいんだけど悪天候の中で高い山には行けない。

天気予報を眺めつつ、土曜日も午前中ならなんとか大丈夫そうかな?ということで、六日町の金城山に行くことにする 🚙=3



やって来ました、金城山の水無コースと滝入コースの登山口駐車場です。ここに至るまでの案内などは付近には見られませんでした。
kin196220001.jpg


かつては山と高原地図では破線ルートになっていましたが、現在は実線のルートになっています。
kin196220002.jpg


では参りますかね。
kin196220003.jpg


水無コースとの分岐点。水無コースを登ります。ちなみに水無コースは下山禁止。険しくて下山は危険です。
kin196220182_2019062411385786e.jpg


山のふもと周辺ではミズタビラコがたくさん見られました。
kin196220008.jpg


この渡渉は簡単。
kin196220009.jpg


kin196220011.jpg


二合目
kin196220014.jpg


とても小さな白い花、ツルアリドオシ
kin196220015.jpg


ガスがかかる。すぐ先の道が見えない。
kin196220017.jpg


コメツツジ
kin196220018.jpg


こんなところに出ました。そして、悪いことにここで雨が降り始める。あちゃ~☔
kin196220023.jpg



ところで、6月は水無月(みなづき)というけど、雨の時期なのになんで水の無い月というのか。

どうも「無」を「の」と読んで「水の月」ということらしい。しかし、なんでそんなややこしいことになったのか。


とりあえずウィンドブレーカーを着る。目の前の濡れた露岩帯のようなところはスリッピーになるので要注意。しかし、後で注文通りスリップするハメに。
kin196220025.jpg


四合目で一旦雨が上がり、ウィンドブレーカーを脱ぐ。
kin196220026.jpg


ブナはあんまり多くない。
kin196220027.jpg


花が咲く前のクルマバハグマ
kin196220029.jpg


ギンリョウソウ。ユウレイタケとも。まさしく幽霊のよう
kin196220032.jpg


五合目の大岩です。
kin196220034.jpg


この細かい距離はいかにして測ったのか。
kin196220035.jpg


ヒメシャガ
kin196220037.jpg


クサリを頼って岩を巻く。
kin196220038.jpg


そして、水無コースの危険ゾーンのハイライトに出る。
kin196220042.jpg


右側が岩壁になっていて緊張感がある。山際にクサリが設置されているので、つかんで慎重に通過した。
kin196220043.jpg


通過して振り返る。この水無コースは下山禁止になっているが、確かにここは危険だ。上から下りてきてうっかり勢い余って足を踏み外したら谷へ数十m転落する。
kin196220044.jpg


アブラツツジ
kin196220045.jpg


雨は降ったり止んだりを繰り返す。雨足が強まるとウィンドブレーカーを着るが、雨具のパンツまでは持って来なかった。雨具の上着もあるのだが、面倒なので着ないで歩き続ける。
kin196220047.jpg


霞む八海山、中ノ岳方向。
kin196220052.jpg


イワカガミが多かったですが、これは珍しい白のヤツ。
kin196220053.jpg


ウラジロヨウラク
kin196220055.jpg


必要なポイントにはロープやクサリがありました。
kin196220056.jpg


ちゃんと雨具を着ないで横着してたもんだから、もう全身ビッチョビチョ。この季節と標高だからまだなんとかなるが。
kin196220057.jpg


九合目。
kin196220059.jpg


山頂間近。レンズに水滴が💧
kin196220063.jpg


そして金城山の山頂、最高点です。YAMAPで現在地確認。周囲はまるで展望のない樹林帯。一般的な山頂はもう少し行ったところの開けたところです。
kin196220066.jpg


そして金城山避難小屋に到着。助かった~
kin196220067.jpg


中はスッキリ清潔。
kin196220068.jpg


着ていた衣類を絞る👚 Tシャツも靴下もビチョビチョ💧
kin19622a0002.jpg


今日のランチはセブンイレブンにて。ぬか漬がお気に入り🍙
kin19622a0003.jpg







おお! 晴れた! 下りになるし、降らないと助かる。
kin196220071.jpg


ちょっと行くと、荒々しい金城山の岩山が姿を現した。
kin196220074.jpg


そしてポコンと突き出た大岩の前に出た。
kin196220079.jpg



しかし、ここで道がわからなくなる(あれ?)

大岩の左側の岩壁にクサリがちょっと伸びている。ここを行くのか? いや、難し過ぎる。そんなはずはない。
kin196220081.jpg


あたりを見回すと、大岩の右側に道があった。そうだよなぁ。あの岩壁は行けないもの。


アカモノ。
kin196220083.jpg


通り過ぎた大岩ゾーンを振り返る。
kin196220085.jpg


ヤマツツジの赤が曇天の世界に彩を添える。
kin196220087.jpg


そして金城山の山頂に到着です。ちょっとした広場になってました。
kin196220090.jpg


来た方向を見る。
kin196220089.jpg


正面。左手前はイワキ頭の先の1475ピーク、右奥は南入の頭か。目の前は絶壁。大展望。
kin196220095.jpg



kin196220094.jpg


下ります。


ガクウラジロヨウラク
kin196220096.jpg


この花、なんて花かわからないんですよね。どなたか教えていただけないでしょうか。
kin196220098.jpg


kin196220099.jpg


中央やや右のピークがイワキ頭ですかね。
kin196220101.jpg


kin196220103.jpg


大規模な崩壊地の脇を通り過ぎる。
kin196220105.jpg


やっぱり山は青空がいいよな~
kin196220108.jpg


塩沢、湯沢方面
kin196220110.jpg


八合目
kin196220115.jpg


八海山から中ノ岳
kin196220116.jpg


坂戸山を見下ろす。
kin196220121.jpg


とにかく急坂が続く。
kin196220124.jpg


クサリを使って岩を通過。
kin196220125.jpg


分岐です。ここを大月、五十沢コースの右へ。そういうコースは今は無く、滝入コースに至ります。あとは道なりに下りて行けば駐車場に戻りますが、この先はなかなか手強い。
kin196220126.jpg


ここからいきなりの激下り。クサリをつかんでなんとか下ります。


こんなヘンテコな山の中を探検するのが楽しくて。
kin196220130.jpg


山も見えてきた。
kin196220132.jpg


kin196220133.jpg


六合目。ここからまた急坂になる。
kin196220134.jpg


必要に応じてクサリあり。
kin196220135.jpg


kin196220139.jpg


中ノ岳~  今年こそは行けるかな?
kin196220140.jpg


やっと五合目。結構長く感じる。
kin196220141.jpg


ながーいロープ。ないと下りるのは難しい。
kin196220142.jpg


ダイコンソウ
kin196220145.jpg


ミツバチグリかな
kin196220150.jpg


サンカヨウの実。食べられるとのことだけど、もう少し熟してからかな
kin196220151.jpg


渡渉も何度か。難しいところはありませんでした。
kin196220152.jpg


プチナメ滝
kin196220155.jpg


本日も現在位置と方向をYAMAPで確認しながら。なんでこんないいものを今まで使わなかったのか。スマホがGPSになる、ホントに登山の革命。
kin196220158.jpg


滝入コースだけに。
kin196220161.jpg


下って来ると、道が刈り払いしてあってありがたかったです。このご苦労には頭が下がります。
kin196220162.jpg


しかしずっと道が傾いているというかナナメっていて歩きにくい(文句を言うでない)
kin196220163.jpg


下りはず~~っと急坂か傾いた道のどっちかで、とても疲れた。


すると、



おお! ウリノキ登場!!


kin196220168.jpg



まるで火星人のような造形。なんというプリティさ。


猿毛岳にあるのは聞いてたけど、まさかここにもあるとは。初めて見れて感激。
kin196220170.jpg


kin196220172.jpg


kin196220173.jpg


二合目。あとちょっと。
kin196220175.jpg


しかしこの先でプチ難所が登場。


落差のある岩壁をクサリとロープを駆使して下りて、横渡りして行くのだが簡単ではない。なかなか厄介なところ。
kin196220177.jpg


2合目の下にあんな難所があるなんてな~


そしてほっとしたのも束の間、登山道にこんな岩があり、(滑りそう・・・)と思い、「滑るぞ」と声を出して右足を乗り上げた次の瞬間!
kin196220178.jpg





ずりっ!




っと右足がスリップし、右の灌木地帯にひっくり返って仰向けになった。右手で必死に木をつかむ。なんだこれ?
kin196220179.jpg
(この灌木帯に仰向けにひっくり返った)


幸いなんともなかったけど、やっぱり雨後の山は危ないな~


最後の渡渉
kin196220181_201906241138558e2.jpg


そして戻って来ました。
kin196220185_201906241138583ab.jpg


帰り道から金城山。
kin19622a0005.jpg



ここんとこ高い山に登ってなかったですし、しかも下り甲斐のあるコースでこのあとはしばらく筋肉痛でした。


それでは本日まとめの一句:


水無月の 水無コースで ずぶ濡れに






B型人間の山歩き



B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2925. 

おはようございます。

 金城山って、坂戸山の近くのカッコイイ山ですよね、雨っぽい日に怖いよ~、さすがです。
 お一人の時は充分気をつけてくださいね~ 滑落怖いw

ウリノキ、いいですよね。猿毛はずっとウリノキの道が続きます。

 ヤマップの機能はすごいですよね。
クマが近くにいますとか、ヒル情報とかの機能ができるといいかも(笑)

2926. Re: タイトルなし

かあちゃんさんおはようございます!

ほんとは八海山の屏風道に行こうかと思ってたんですが、さすがにやめてこっちにしましたが、あの雨振りは想定外でした。もうこれからは天気の怪しい日は高い山は行かないことにします(反省) 今回のルートでほんとにヤバイなと思ったのは、登りのハイライトのところくらいです。あと、山頂部の岩山ももちろん落ちたら危険ですが。

猿毛はシーズンになるといろんな方の日記でウリノキを拝見するのですが、ウリノキの頃は猿毛に足が向きませんで。猿毛はまた雪が降ったらかな~

YAMAPのクマ、ヒル情報あるといいですね。なにせAIの時代ですから、統計や確率でアラーム出すくらい難なくできそうなきもします。開発しましょうか?

2928. 

開発できるんですか?凄い。
ぜひお願いします(^^)/

あ、できたらマダニも。
  • 2019-06-30 08:19
  • かあちゃん
  • URL
  • 編集

2930. Re: タイトルなし

かあちゃんさん、いやいや、自分ではできません。気持ちだけです(^^) プログラミングも義務教育でやるそうですし、時代は変わりますね。しかしYAMAPはよく出来てますね。あれを作った人は大したもの。ああいうものが作れたら楽しいでしょうね~

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://btypeoutdoor.blog.fc2.com/tb.php/1057-d5c7ed0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
「ハイキングツアーブロガー」のB・Yです。HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。