銀次郎山と銀太郎山を訪ねる初夏の長い一日

B型人間の山歩き  

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド


2019年5月18日、五泉市にある銀太郎山(ぎんたろうやま:標高1112m)に行ってきました。

コースタイム (休憩込み): 悪場峠駐車場(5時間10分)銀太郎山(4時間20分)悪場峠駐車場



銀太郎山の位置と悪場峠の登山口駐車場などの地図はこちら。ルート図の詳細はYAMAPの日記にて。


今回はトータルで10時間20分かかりました。ってなわけで、長いです。長いからといって手抜きはしないので、長いです。


朝5時の悪場峠です。最近ネットでこの登山口があることを知りやって来ました。
gintaro0001.jpg


このルートは公式ルートの柴倉沢登山口より標高が高いのです。ここは公式ルートではなく、登山道入口には何の道標もありません。赤テープすらわかりやすいところには見えません。ここから、ずっと行ってみたかった銀太郎山にチャレンジすることにしました。
gintaro0002.jpg



長丁場なんで、5時出発です。


ホウチャクソウは初めて見ました♪
gintaro0003.jpg


悪場峠からの道は非公式のマイナールートであると思うのですが、登山道は明瞭で迷うようなところはありません。よく歩かれている印象です。
gintaro0009.jpg


佛峠
gintaro0277.jpg


灰場峠→ の看板。
gintaro0278.jpg


この先で、ちょっといやらしい傾いた細いへつり道が続くところがあります。


そして柴倉沢からの登山道と合流し、水無平という開けた広場に出ました。
gintaro0011.jpg


ナツグミの木と花。
gintaro0013.jpg


灌木のトンネル。
gintaro0016.jpg


気づかずに通り過ぎてしまいそうな、5ミリくらいのとても小さな花、ノミノフスマ。
gintaro0276.jpg


ツボスミレは固まって咲いています。
gintaro0015.jpg


ミヤマハコベ
gintaro0019.jpg


毛石山の向こうに白山が見えます。
gintaro0020.jpg


焼峰の神様でちょうど1時間。
gintaro0022.jpg


ガマズミ
gintaro0023.jpg


大ぶりなコブシの花。タムシバと似てますが、
gintaro0026.jpg


コブシは花の裏に葉が。コブシとタムシバの違いはこちらに
gintaro0027.jpg


こういう道が好きです。
gintaro0029.jpg


ツツジ
gintaro0034.jpg


分岐に来ました。左右どちらを行っても後で合流します。右は木六山を経由するルート、左は沢筋を上がるルートで、木六山の山頂は通りません。。
gintaro0035.jpg


でもなぜか「木六山」の道標は左のルートにあります。そして、こちらのルートは下りで通りましたがひどいへつり道の歩きづらい道でした。歩きやすさでは断然木六山経由のルートでした。
gintaro0036.jpg


事前の予定通り右の木六山方面へ。
gintaro0037.jpg


イワカガミ
gintaro0038.jpg


柴倉沢登山口との合流点。
gintaro0039.jpg


そして間もなく木六山です。
gintaro0048.jpg


これから行く銀次郎山、銀太郎山の眺めが。拡大してますが、遠いです。木六山まで1時間半でしたが、ここから銀太郎山まであと3時間半かかりました。
gintaro0044.png







この日は長丁場になるので、食料と水は豊富に持って行きました。こちらはセブンのうにせん。たまにはこういうのもいいです。
gintaro0049.jpg


先ほど分かれた道の合流点です。左から下りて来ました。帰りは右へ行きます。
gintaro0050.jpg


ブナの尾根を行く、か細い道。いいね
gintaro0052.jpg


右の尖った山は中杉山かな。
gintaro0053.jpg


木六山を振り返る。
gintaro0054.jpg


中央のポコンとあるのは坪ノ毛。
gintaro0055.jpg


木六山と七郎平山の間はなだらかな道の続く、いいところでした。
gintaro0056.jpg


右側が切れ落ちた細いへつり道はちょっと緊張。
gintaro0059.jpg


雪渓が出てきました。
gintaro0060.jpg


イワウチワ
gintaro0063.jpg


キクザキイチゲ
gintaro0064.jpg


カタクリが満開。七郎平山へは急登が続きます。特に下りは大変で、普通ならロープがあってしかるべきところもあり、木をつかんでなんとか下りました。
gintaro0066.jpg


七郎平山の山頂付近ですが、山頂は通らないみたい。そして、一面雪に覆われたところに出て、道がわからなくなりました。
gintaro0073.jpg


そんなときはYAMAPの地図で位置と方向を確認。このルートを歩いた人の歩行跡をなぞって行けばいいので間違いないのです。この機能は初めて使ってみましたが超便利。本当に素晴らしい。こんな世の中になってたなんて知らんかった~ (時代遅れ?)
gintaro0074.jpg


バッテリー切れとかスマホが調子悪くならなければ、超安心のアイテムですわ。この日は3回これで道迷いを救われました。


よくわかる B・Y西向きゃ ケツ東



無事に雪原を通り抜け、赤テープを発見。
gintaro0075.jpg


オヨヨ? 穴開きブナの木の大木。こういうのは見たことがないですね。
gintaro0076.jpg


行動食その2はこんなの。セブンイレブンのお菓子は小さくて持ち運びにも便利で行動食にももってこい。
gintaro0077.jpg


残雪と新緑の眩しい世界。美しいなあ。
gintaro0080.jpg


銀次郎が見えて来ました。
gintaro0082.jpg


奥が銀次郎山。
gintaro0086.jpg


稜線に出ました。右に粟ヶ岳が現れる。
gintaro0092.jpg


前銀次郎へ続く道。いい感じ~
gintaro0093.jpg


オオバキスミレ
gintaro0099.jpg


来し方を振り返る。
gintaro0103.jpg


銀次郎と銀太郎。
gintaro0105.jpg


銀次郎に続く道。
gintaro0113.jpg


銀太郎も近づいてきた
gintaro0114.jpg


コブシと粟ヶ岳
gintaro0116.jpg


中央は奈羅無登山(ならんとやま)。
gintaro0117.jpg


シャクナゲと粟ヶ岳
gintaro0121.jpg


銀次郎山に到着です。道標の後ろの筒の中に日記があります。
gintaro0136.jpg


gintaro0126.jpg


私も記録。
gintaro0128.jpg


岩の上で休憩。疲れた;
gintaro0137.jpg


銀太郎山まであと1時間、ファイトォ~
gintaro0133.jpg







銀太郎山へ。
gintaro0138.jpg


雪は終始、踏み抜くことはありませんでした。
gintaro0144.jpg


タムシバと銀太郎
gintaro0146.jpg


御神楽岳が秀麗な山容を見せる。まだ行っていない課題の山。
gintaro0150.jpg


このあたりはシャクナゲが目立ちました。シャクナゲを山で見れたのは初めてな気がする。
gintaro0153.jpg


gintaro0154.jpg


雪形の残る銀太郎山。
gintaro0156.jpg


銀次郎山で一緒になった、後から来た男性に先に行ってもらいました。
gintaro0158.jpg


やっぱり人が写真に納まった方が絵になります。
gintaro0160.jpg


明るいブナ林の中はホントに気持ちがいい。
gintaro0162.jpg


いい形の無名ピーク。
gintaro0165.jpg


銀太郎への急登を上がる。
gintaro0168.jpg


銀太郎間近。
gintaro0170.jpg


そして、やっとこさ銀太郎山に来ました。ずっと来てみたかった憧れの山。5時間10分かかった。
gintaro0183.jpg


粟ヶ岳も近くなりました。
gintaro0181.jpg


左奥が御神楽岳で、右に続く稜線のトンガリは日尊の倉山かな? その右になだらかな貉ヶ森山。
gintaro0179.jpg


左が五剣谷山、右が青里岳。ここから先は登山道なし。行ける日は来るか。
gintaro0193.jpg


銀次郎の向こうの山々をPeakVisorで見る。
gintaro0199.jpg


gintaro0197.jpg


男性と写真を撮り合いました。
gintaro0281_20190519082546d45.jpg


今日はセブンの惣菜でランチです。ポテトサラダ、ベーコン、キムチ
gintaro0189.jpg


そしておにぎり🍙 食料はすべてセブンで調達。結果的にかなり余ってしまったけど、安心感には代えられません。スポドリ、お茶、水などは合わせて3リットル強持って行きました。
gintaro0190.jpg


テルモス(山専用ボトル)に氷をたっぷりと詰めてきました。ここにスポドリ、お茶、水など入れて冷たくして飲みました。生き返ります。
gintaro0200.jpg




男性といろいろ山談義。この時間が楽しいんです。


すると、山の下の方で



ズドドドドド!!



と、ものすごい地鳴りが響きました。おそらく雪渓が崩れ落ちたのでしょう。やっぱり自然は恐ろしいな~







さて、また長い道のりを帰ります。見えるのは銀次郎山。
gintaro0208.jpg


しばし行くと、祠が倒れていて、中にご本尊様がおられました。簡単には来られませんし、直すのは容易でないのでしょう。
gintaro0211.jpg


銀次郎を過ぎて。
gintaro0218.jpg


まだマンサクが咲いてる。
gintaro0224.jpg


こういう小山の感じも好きです。続く道もいい。
gintaro0226.jpg


右の森の山が七郎平山。
gintaro0229.jpg


中杉山の手前の谷には雪が残り、風が吹き上げて来ます。
gintaro0233.jpg

雪渓を 吹き上げる風 五月晴れ


gintaro0235.jpg


奈羅無登山のスラブが見えて来ました。
gintaro0240.jpg


木六山と七郎平山の間は、平坦で歩きやすくて気持ちのよいトレッキングゾーン。
gintaro0241.jpg


いや~、こんなとこずっと歩いていたいわ~
gintaro0243.jpg


奈羅無登山の大スラブ。登りでは気にしなかったけど、改めて見るとすごい。奈羅無登山は登山道のない、山奥のそのまた奥の山。
gintaro0249.jpg


gintaro0250.jpg


gintaro0252.jpg


もう疲れてしまって、下りは30分おきくらいに水を飲んだりして休みました。そして、この疲れた体に冷たい飲み物が実に効いた。持って来てよかった。
gintaro0253.jpg

冷や水で 精気が戻る 夏の山


木六山への分岐に戻って来ました。
gintaro0254.jpg


左を上がると木六山ですが、右の沢ルートを下りてみます。
gintaro0255.jpg


右下がりのへつり道で歩きづらいです。
gintaro0257.jpg


gintaro0259.jpg


ヘンテコなところに道がついていて歩きにくいところが多いんです。
gintaro0260.jpg


下りてきた雪渓を振り返る。急な雪の上を下りなければならないところもあって緊張感ありました。
gintaro0261.jpg


いや~、この道ははっきり言って歩きにくい。木六山経由の方は普通の登山道です。
gintaro0263.jpg


焼峰の神様に無事の帰還を報告。でもあと1時間弱。
gintaro0268.jpg


そして15:20、悪場峠に戻って来ました。下りの行動時間は4時間20分、トータル10時間20分の山旅でした。
gintaro0280.jpg


私は決して歩くのは早くはないですが、ノーマルな中高年登山者の方よりは少し早いかもしれません。休憩は登りは1時間ごとに5分~10分、下りは30分おきくらいに少しずつ休んでこれだけの時間がかかりました。私は山は好きですが、体力は人並みです。

トラブルもあった。途中で何度も足が攣ったりもしましたし、ズッコケて右ヒジを岩にしたたかに打ちつけて流血し、アームカバーが血のりでべっとりに。熊よけ鈴のヒモが切れて鈴をロスト。

銀太郎山はやっぱり遠かった。なかなか行けない。だからこそ充実感もひとしおです。新潟は広いなあ。こんなところもあるんだから。銀太郎山の先に行く日は来るのか、どうですかね。


それでは本日まとめの一句:

薫風を 纏いて至り 銀太郎






B型人間の山歩き



B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2880. デジタルとアナログの両刀遣い⁉︎(*_*)

YAMAPのGPS機能、紙の地図ではカーナビの様に「現在地を表示」できませんものね(^^)
かと思えば…山頂には「筒の中に登頂記録帳」
昔々の伝書バト、を思い出しました(爆)
p.s.
M半島の僻地に約400mの(波乗り人もいない)
砂浜を見つけました。
駐車場〜小漁港の堤防まで、遠浅っぽい感じの
小場所ですが…チョイ投げ、でなく60m以上を
飛ばせばシロギス君も生息してますかね??
  • 2019-05-19 17:42
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2881. Re: デジタルとアナログの両刀遣い⁉︎(*_*)

ひろかずさんこんばんは。

YAMAPの地図機能は、もっと早く使っていればよかったと思いました。新潟の里山なんて最近はほとんど地図なんて持って行かなくてもなんとかなっていましたが、今回は山深かったんで助かりました。

2882. 

単独で凄いです。
無事下山されて何よりです。

山の名前は聞いたことありますが、奥深い山ですね。
シャクナゲが見れたのはご褒美しょうか。

2883. Re: タイトルなし

かあちゃんさんおはようございます。

ちょっとケガもしましたが、なんとか行ってこれてよかったです(笑) 銀太郎山は、事前の予想よりも時間がかかりました。まあ休憩をわりと多めに取ったからでもあると思います。休まないとあんな距離歩けません。

シャクナゲは初めて見ました。まだまだ知らないことがいっぱいあってうれしいです(^^)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://btypeoutdoor.blog.fc2.com/tb.php/1046-792785c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
「ハイキングツアーブロガー」のB・Yです。HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。