「焼山の入山解禁を検討へ」

 新潟県の日本百名山の一つに「火打山」(ひうちやま:2,462m:糸魚川市と妙高市にまたがる)という山がありまして、そのすぐ西隣りに「焼山」という2,400mのこれまたいい山があるのですが、火山の噴火活動の影響で1987年から立ち入り禁止になっていました。


 ところが、昨今火山活動が沈静化してきたのか、入山が解禁されそうな状況にあるそうです。私の地元の新潟日報に記事がありましたのでご興味ある方(5万人に1人くらいかと思いますが・・・)はご覧下さい。





 私は大学時代の体育の授業で火打山には登ったことがあります。麓の笹ヶ峰キャンプ場で前日テントに泊まり、翌朝早く出発しました。結構な時間歩かされたように記憶しています。

 そして、登山の途中で、「山頂からは佐渡ヶ島から能登半島までダーッと見えるから頑張れよ」と引率のワンダーフォーゲル部員に励まされながら登りました。

 ところが、山頂に着くとガスがかかって何も見えず、(なんだよ、この嘘つき・・・)と悲しい気持ちになったのを覚えています。今では懐かしい青春の1ページです。

キャンプで子供と何をして遊ぶか?




 子供とキャンプに行くんだけど、遊び道具は何を持っていけばいいかな?とか、何をして遊ぼうかな?と考えることが結構あって、いい機会なのでまとめて書き出してみることにしました。


 HPにまとめましたのでよろしければご覧下さい。


「赤レンガ倉庫」に行ってきました





 先日、横浜の赤レンガ倉庫に行ってきました。私はここに行くのは今回が初めてです。


 洒落た建物の中がショッピングタウンになっていて、なかなか楽しめました。


 そして、中庭ではもうすぐオープンするIKEA港北のプレイベントをやっていました。IKEA港北は9月15日オープンだそうで。千葉のはもう行ったけど、楽しいからまた行ってみたいと思います。


 ランチは海に近い1階のテラスのあるところで食べたのですが(下の写真)、ガラスがところどころ開いていて出入り出来そうだったので(ホントはしないでくださいとのこと)、ちょっと海でも見てこようと思い他のお客さんの間を通って外に出ようとしたら、、、


 http://www.geocities.jp/hmrmyamada/blogphoto/2006_0903akarenga0021b.JPG










    ゴン!!!







    「痛ッ!!!」 




 

 なんと、ガラスがあるのに気付かず、したたかに頭をガラスにぶつけてしまいました。いや、あまりにもキレイであるのがわからなかったですよ。


 周りのお客さんの失笑をかわすようにそそくさと外に出て海の写真など撮りました。





 食後、カミさんと娘はショッピングがしたいというので買い物へ。長男は海が見たいというので私は長男に付き合って海のほうへ行きました。


 岸壁に行くと、左手には海上保安庁のカッコイイ船が。右手では海上バスが頻繁に往来しています。また、海では時折海からナナメに元気よくボラがジャンプしていました。そして、ひとり釣りをしているおじさんがいました。


  http://www.geocities.jp/hmrmyamada/blogphoto/2006_0903akarenga0007b.JPG

  http://www.geocities.jp/hmrmyamada/blogphoto/2006_0903akarenga0041b.JPG


 海は決してキレイとはいえず、ねずみ色に濁っていて何が釣れるのかなあと思っていましたが、しばらくすると、おじさんの竿が「グググ!」と魚に引っぱられてしなりました。おじさんがリールを巻き上げると、








 「あ! メジナだ!」




 と、長男が言いました。ちょっとコワモテで安岡力也風のそのおじさんは、しゃがんでメジナの針をはずしながらうちの長男を見上げて、


 「ボク、メジナなんてよく知ってるねえ」


 と、野太い声でニヤリと笑って言いました。別に怖い人ではなさそうでした(当たり前)。釣った魚は即リリースで、またエサをつけて釣りはじめます。なんとも優雅です。






 それにしても、こんな真っ昼間の、こんなに人が多いところで、しかも青イソメの一本掛けであんなにいい型のメジナが釣れるなんて・・・20cm前後だと思いますが、かなりいい引きしてました。他にはセイゴ(スズキの子)が釣れていました。


 持ち物も竿と小さなショルダーバックだけ。バックにエサ箱やらタオルやら仕掛けやら入れてきていたようですが、持ち物はいたってシンプルでした。こんな都会の中でも魚と交信できるなんて、う~む、こういうアウトドアスタイルも素敵なもんだなあと思いました。

「ムニュッ!」と踏んだものは・・・

 先日のことです。会社から帰ってきてスーツをタンスにしまおうと思い、タンスのある部屋へと行きました。


 その部屋は物置代わりに使っていて、いろんなものが置いてあります。涼しい部屋なのでカブトムシもそこに置いています。


 勝手はわかっているので、暗闇のなか電気をつけずにタンスの扉を開けると、「ムニュッ!」っと何かを踏んづけた感触がありました。


 ん!? なんだ? カブトムシを踏んづけちゃったかな? とも思いましたが、カブトムシのカゴはぴっちり閉まっているので出てこれるはずはありません。それに、それほど硬い感触ではありませんでした。


 なんだろう・・・ でも何か小さな物体を踏んだのは確かです。ちょっとイヤな予感はあったのですが、確かめるために電気をつけると、まさしくイヤな予感は的中していました。











「あ“あ”あ“あ”あ“~~~~~ ヽ(゚□゚;)ノ 」









 なんと、私がこの世で一番嫌いでしかも苦手なゴキ○リでした。(字にするのも嫌だ・・・)


 見るだけでもいやなのに、なんと奴に触れてしまうなんて・・・  奴は茶色い体から羽を少しはみ出させ、よろめきながら部屋の奥へと逃げていきました。




 「えーん、ゴキ○リ踏んじゃったよ~(涙)」と、ショックのあまり半泣きになりながら居間に戻ってくると、「男がそれくらいのことで泣くんじゃないわよ!」と、カミさんに叱咤されてしまいました・・・




 奴も、「ピチョン」とか「チッチ」、あるいは「フランソワ」とかいう名前だったらもう少し印象も違うんでしょうけどね。






          「やあ、いま物置に行ったらフランソワに会ったよ」


 なんて、まろやかな声で岡田真澄のように言いたくもなりそうです。




 あのいまいましい「ゴキ○リ」というのは俳句の夏の季語でもあるそうですね。そしてその語源は、コチラにありました。


 うちは夏になると一度はフランソワが出てくるのですが、涼しくなってきたし今年はもう会わないで済むことを願っています・・・

奥穂高岳(長野県松本市)




 8月4~6日にかけて行ってきた奥穂高岳の山行記がようやくできたので、よろしければご覧下さい。やっと夏休みの宿題が終わった感じです、ふう~。それにしてもムダに長くなってしまいました・・・


お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。