ランタンの灯り


 写真は我が家のベランダで撮ったもの。今日はランタンについて思うところを書いてみたい。


 キャンプ場も夕方になってくると、ちらほらとあちらこちらにランタンの灯りがともり始める。キャンプの楽しい夜の始まりである。



 ランタンには大きく分けて3つのタイプがある。一つ目は一番トラディショナルな「ホワイトガソリンのランタン」。コールマンのものがその代表的なものだろう。コストは割安で明るさも申し分ないが、なにかと手間が掛かるのが難点か。二つ目は「ガスランタン」。これがキャンプでは現在一番使われているのではないか。明るく、柔らかな光が特徴だ。三つ目は「電池式」のもの。これは安全面では一番だろうが、蛍光灯を用いるため光の色味が白色でやや冷たげに感じられなくもない。



 私が愛用しているのは二つ目のガスランタンだ。なぜなら、手軽に扱えるうえにその黄色がかった柔らかな光がキャンプ場の夜を優しく包んでくれるからだ。



 さて、ガスランタンを扱ったことがない人のためにその使用法を簡単に紹介させていただこう。



 ガスランタンは3つの部品から成る。ランタン部分、ガスカートリッジ、そしてマントルだ。まずランタンにガスカートリッジを取り付ける。次に、マントルをガスカートリッジにかぶせる。そして、この次の作業がちょっと変わっているのだが、そのマントルに火をつけ、一度焼いてしまうのだ。



 マントルにチャッカマンなどで火をつけると、あたかも枯野を野焼きするかのごとく、ゆっくりと火がまわっていき、やがて全面に火がまわり、マントルが灰のような状態になる。これで着火準備完了だ。



 あとはガス栓をひねり着火するだけ。最初に「ポッ」という音を鳴らし、ガスランタンは優しい光を放ってくれることだろう。



 夕食を楽しむなり、焚き火に興じるなりするその横で、ランタンはじっとキャンプ場の夜を明るく照らしてくれるはずだ。ランタンはキャンプの夜になくてはならない大切なアイテムなのだ。



 あ、そうそう、マントルは破れない限り何度でも使えるので、ランタンの取り扱いは慎重にしてあげよう。



 ああ、ランタンよ、今夜もありがとう・・・

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
「ハイキングツアーブロガー」のB・Yです。HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。