ジェリー・マリガン/Night Lights (ジャズ)


 「ナイト・ライツ」というアルバム名やジャケットの絵と、アルバムに収録された曲の雰囲気がとてもよくマッチした名盤。まさしく都会の夜景がよく似合うすばらしいアルバム。

 「バリトンサックス」という低音のサックスを用いた珍しいアルバムだそうで。またそのゆったりとした低音に癒されるんだよなあ。

 1963年の作品で、名盤として人気らしいですが、私は今頃になって初めて知りました。やっぱりいいモノは時代を超えて残るんだと思いました。ああ、たまんね~ ワタシはとくに1、2曲目が好きです。



 TUTAYAの紹介文です。

 「もし、夜のドライブのお供に・・・という事なら、迷わずこの1枚を自信持っておすすめします。温かみのあるホーンの音色と絶妙のピアノが聴き飽きさせません。メロディも全曲GOOD!」


 
 AMAZONのサイトはコチラです。

 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008KKT7/qid=1138975756/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-9633831-5402648

ジョン・コルトレーン/Ballads (ジャズ)


 最近バラード系のジャズにハマっていまして、その中でもお気に入りの一枚がこの、ジョンコルトレーンの「バラード」です。


 もういきなり一曲目から優しいテナーサックスに「超」癒されます。夕方以降に聴くと、一日の疲れが肩から抜け落ち、体がとろけていきそうになります。夜、パソコンに向かうときのお供にも良いでしょう。だいたい、バラード系のジャズは「夜のパソコンのお供」にいいことに気付きました(爆)



 レンタル店のTUTAYAの、このCDの紹介コメントです。

 「1曲目からたちまちリビングが心地の良い空間に変わります。安らぎに満ちたコルトレーンの、いやJAZZの永遠のベストセラー。夕方以降でBGMに困ったら迷わずこの1枚をどうぞ。」



 AMAZONのページはこちらです。

 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008KJU3/250-9633831-5402648
 

チック・コリア/return to foerver (フュージョン)


 今日は私の15年来の愛聴番のご紹介を。チックコリアの「return to forever」というアルバムです。


 大学のときにレンタルで借りてカセットテープにダビングし、それはそれはもう数え切れないほど聴きまくったものです。あまりに聴きすぎてカセットテープもヨレヨレになったので、社会人になってからはCDを購入しました。しかし、このCDも使い込みすぎて傷がつき音飛びするようになってしまったため、今度はまたレンタルでCDを借り、今度はCD-ROMにダビングして現在に至っています。何度聴いても飽きることのない、不思議な魅力を持ったアルバムです。


 チックコリアはジャズピアニストで、彼の参加しているアルバムにはほとんど外れはないのですが(私的には)、このアルバムだけは別格。1972年発表の作品だから、もう30年以上の時を経ているのですが、今なおその輝きを失わない奇跡の音楽がここにあります(褒めすぎか・・・)。


 AMAZON.COMに投稿した紹介文があるので、ここに引用いたします。ちょっと長いです。


 「ミステリアスな女性のハミングで始まるこのアルバム、全編を通してとにかくチックコリアの知的で細やかなエレクトリックピアノが心地よくてたまりません。私にとってはまさに「神様からの贈り物」のような存在です。

 1曲目は、全体的にはダークな印象ですが、女性のミステリアスで時には叫びにも似たヴォイスが様々な形で曲に絡んでいます。また、鋭いフルートの音が、この曲全体の、ゆったりとした中にも攻撃的でとがった印象を象徴しているかもしれません。

 2曲目は、雰囲気的にはヨーロッパの薄暗い街に霧がかかっているような、静寂と孤独を漂わせた曲。音楽というのは「音」が隙間なく詰まっていれば「楽しい」というだけでなく、「間(ま)」というものの深い味わいを感じさせてくれる名曲だと思います。

 それから車のCMでも使われたことのある3曲目。この3曲目と4曲目の「Sometime Ago」の女性ヴォーカルの爽やかさ!そして爽快なフルート!5月の新緑と青い空の中をそよ風が流れていくような清涼感。あるいは地中海の碧(あお)い海と空をイメージさせるような、多くの人が一度聴いただけで好印象を持つのも納得の曲です。

 そして最後の4曲目。静かで個々の楽器のプレイを際立たせたジャジィな演奏に続き、「Sometime Ago」の爽やかなメロディーへと連なります。それが終わると一転して静寂になり、そこからまた徐々に盛り上がっていき、アルバム最後にして最高の聴きどころとなる「La Fiesta」へと流れていきます。それは、激しさと知的な躍動感に満ち満ちており、繰り返されるサビのメロディーラインの美しさには、聴くたびに「爽やかな感動」や「生きている喜び」を感じずにはいられません。嗚呼!たまらない。この素晴らしい音楽を生み出してくれたRTF万歳!チックコリア万歳!!」



 フィーリングが合う人なら、生涯の友となるかもしれないアルバムだと思います。でも、「何じゃコリャ?」という人も中にはいるので、好みはあるかもしれませんが。


 大抵のレンタルショップに置いてあると思いますが、国分寺市の本多図書館に行くと無料で借りられますので、お近くの方はご利用なさってはいかがでしょうか。



 こちらで試聴できます。

 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000262QW/qid=1131713850/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/249-0362443-1765118

パットメセニー/WATERCOLORS (フュージョン)


 ワタシは10年来のパットメセニーのファンなのだが、まだ聴いたことのないアルバムもたくさんある。


 クルマも買ったし、ドライブしながら聴くのにいいフュージョンでもないかなと思ってネットでパットメセニーのアルバムなどを試聴していたら、このアルバムが引っかかってきた。1977年の作品で、パットメセニーの2作目のようだ。


 なかなか良さそうだなと思ってAMAZONで購入し、アメリカから空輸で2週間ほどかかって届いた。


 聴いてみると、ああ、やっぱりいいなあ。特に1曲目の「WATERCOLORS」と、4曲目の「LAKES」は必殺。この瑞々しいギターの音色!すがすがしさ!爽やかさ!これぞフュージョン!フュージョンはかくあるべし!(!が多いのは感動の表れです)ああ、たまんね~♪。


 私はネットでCDを購入するときは一応試聴してから買うようにしていますが、AMAZONなら[US IMPORT]というのはだいたい試聴ができるみたいですね。

 タワーレコードのサイトも洋物はけっこう試聴できるので利用しています。


 AMAZONの「WATERCOLORS」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000026FDG/qid=1131562250/sr=1-7/ref=sr_1_10_7/249-0362443-1765118

 タワーレコードの「WATERCOLORS」
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=170142&GOODS_SORT_CD=101

パットメセニー/Still Life (Talking) (フュージョン)


 パットメセニーの作品は数多くあって好きな曲は他にもたくさんあるけど、アルバム単位としてはこの「STILL LIFE」がズバ抜けてイイんだよなあ、やっぱり。そして、このアルバムから感じるキーワードは、「旅愁」。独りのドライブや独り旅に合うのです。


 1曲目からもう渋くカッコイイです!最初は静かに始まるけど、次第に盛り上がっていきます。疾走感、伸びやかさ、高揚感、劇的さ、よくぞこういう曲を作ってくれた!と感謝したくなるフュージョン界の名曲でしょう。


 2曲目もかめばかむほど味の出るいぶし銀の良曲。しとしと雨の降る休日の午後に、もやもやとしたものを胸に抱え、独りドライブに出てみた。あてどもなく走り、人っ子一人いない秋の枯野と曇り空が広がる寂寥の地にたどり着いた・・・。
 (はあ、独り寂しく傷心の旅に出て、こんな殺風景な光景のところまで来てしまった・・・。今までホントいいことなんかなかったよなあ・・・。でもなんとなく、これからいいこともありそうな予感が・・・)



               みたいな妄想が浮かんできて止まないのは私だけ?
                   (ハイ、アナタだけです)



 それからやはりこのアルバムで最も有名な、3曲目の「LAST TRAIN HOME」。この曲を聴くと、皆様々な光景が思い浮かぶのではないでしょうか。私にはローカル電車に乗って故郷の田園地帯の中を走っていた学生時代の光景が蘇ってきます。郷愁と懐郷、あるいは旅情や旅愁といった思いが掻き立てられます。ああ、なんでこんな曲を思いつくのだ!パット!


 4曲目は肩の力が抜けた(褒め言葉)聴き流せる曲。中南米を旅する自分の姿が見えます。この曲もイイです。


 5曲目はこれまでと打って変わってガツンと来ます。前半部はスピード感があってノリノリ。後半はややゆったりめになり、最後に大団円を迎えます。「ウォエウォエ」いうコーラスチック?な声がイイ味出してます。


 6、7曲目は、まあ、いいじゃないですか(汗;)1~5が良すぎるんだし。

 


 曲ごとに聴きこめば味があるし、流して聴いても心地よいのがやはりフュージョンたるところ。私など、ほんとに何百回聴いたかわからないほど。未聴の方はぜひ! オススメです!



AMAZON.COMの紹介記事です。一部試聴できます。

 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000000OQD/qid=1130958193/sr=1-64/ref=sr_1_2_64/249-0362443-1765118

押尾コータロー/パノラマ (アコギソロ)


 秋真っ盛り。空気は澄み、天高く、馬も己も肥ゆる秋(食べすぎ)。


 最近車を買い替えたので、いい音楽を聴きながらドライブにでも行きたいな~と思いCDを探していたところ、癒し系音楽のコーナーで試聴できたのがこの押尾コータローの「パノラマ」というCDでした。


 近頃の音楽事情に疎い私は初めて知りましたが、02年にメジャーデビューした、アコースティックギターのプレイヤーらしいですね。


 1曲目の「DEPARTURE」から、いきなりハートを鷲掴みにされてしまいました。アップテンポの明るさの中にほのかに漂う哀愁感が、オトナのセンチメンタリズムを刺激してくれます。


 「おお、これはいい」


 昔だったらアコギのソロなんて退屈で聴く気もしなかったはずなんですけど、近頃妙にギターの音色に癒しを感じてしまうようになってしまった私は、歳をとったのかな・・・


 そのほかの曲も、静かなオトナの休日の午後を心地良く過ごすのにぴったりの曲がたっぷり入っていてナイスでした。


 結局そのCDショップでは買わず、TUTAYAに行ってこのアルバムと、ゴンチチのベストを借りてきました(節約)。アコギが青く澄んだ秋の空に響き渡ると、心に沁みて来るんだよなあ・・・(うっとり:アホ)ともにこれからしばらくドライブのいい友になってくれそうです・・・

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
「ハイキングツアーブロガー」のB・Yです。HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。