梅雨の晴れ間、ヒメサユリロードの粟ヶ岳(新潟県加茂市)

B型人間の山歩き  

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド




2018年6月17日、加茂市の登山口から粟ヶ岳(あわがたけ:1292.7m)に行ってきました。

コースタイム (休憩込み): 粟ヶ岳、加茂水源地駐車場(3時間30分)粟ヶ岳山頂(2時間40分)駐車場



当日歩いたルートのポイントです。



早朝の、粟ヶ岳に向かう道中からの一枚です。
18617awa0001.jpg 


加茂市の「奥早出・粟・守門 県立公園」の駐車場です。画像は下りてきてから撮ったものです。もちろんトイレあり。
18617awa0248.jpg 


この駐車場付近の標高は概ね160mくらいのよう。粟ヶ岳は1293mなので、本日は1130mほどの標高差を上り下りします。1ヶ月ちょっとブランクあるけど、ひざが大丈夫かな~~



6:20、それではしゅっぱ~つ。前回(金倉山)から、なんだかんだで1か月以上開いてしまった。標記の看板には「この先駐車場がありません」とありますが、登山口近くにも若干の駐車スペースがありました。
18617awa0003.jpg 


林道をしばらく歩きます。
18617awa0004.jpg 


しばし歩いて、公衆トイレもありました。
18617awa0005.jpg 


加茂市水道貯水池2号地点。満々と水をたたえる貯水池から流れ落ちる、滑滝のような水流が涼し気。
18617awa0247.jpg 


貯水池の堰堤を渡って対岸へ。
18617awa0008.jpg 


対岸を歩く。貯水池の向こうに駐車している車が見えます。なんだ、ここまで車で来れるんじゃないか。次回は来よう。
18617awa0010.jpg 


粟ヶ岳の登山口、1合目です。ここまで駐車場から20分ほどでした。それでは張り切って行きましょう~~
18617awa0011.jpg 

山頂まで3時間とあります。これは、休憩除きでのタイムと見た方が良さそうです。



ツルアリドオシが小さな花を咲かせていました。
18617awa0014.jpg 


爽やかな緑の中を行きます。
18617awa0016.jpg 


ところどころ開けます。
18617awa0019.jpg 


2合目。あと2時間40分。18617awa0020.jpg 


心地よい樹林帯。しかし基本的にキツイ登り(ハァハァ;)
18617awa0022.jpg 


最近買った、ミレーの今シーズンのグローブです(アマゾン 楽天
18617awa0025.jpg 


薄手で軽快、もちろんスマホタッチ対応で操作性もグッド、おすすめです。
18617awa0026.jpg 
上記ミレーのグローブアマゾン 楽天



ハシゴが登場。ハシゴは時々現れました。
18617awa0027.jpg 


3合目です。ベンチというか机があります。
18617awa0030.jpg 


袴腰山が見えてきました。
18617awa0029.jpg 

ブナの木がお出迎え。ブナはあまり多くはなかったですね。
18617awa0032.jpg 


4合目。急登がいったんゆるんでホッとする。
18617awa0033.jpg 

まだまだ樹林帯の坂を登ります。汗が噴き出す;
18617awa0034.jpg 

開けたところに出ました。大栃平です。ベンチもあります。
18617awa0036.jpg 

右を見る。写真左側の守門岳は雲がかかってます。
18617awa0037.jpg 

後ろを振り返る。弥彦山~角田山の山並みも見えてきました。弥彦山はつい先日、事故後の山開きがあったそうで。
18617awa0042.jpg 




やっと5合目。まだ半分。
18617awa0045.jpg 


ハシゴハシゴ
18617awa0049.jpg 



標高を稼ぎ、だんだん周囲の見晴らしが良くなってくる。
18617awa0050.jpg 


ロープ場。使うほどでもない。
18617awa0051.jpg 

伸びる木の枝と山の稜線の間に守門岳。雲が取れてきた。
18617awa0052.jpg 


袴腰山を眼下に見るように。
18617awa0053.jpg 


あ! ヤマボウシだ! 初めて見ました、感激♪ 漢字は「山帽子」かと思ったら「山法師」でした。
18617awa0244.jpg 


手前に駐車場脇の貯水池が。奥には弥彦~角田。手前に広がる森林帯と、越後平野がくっきり分かれて見える。こういうランドスケープが、登山の醍醐味でもあります。
18617awa0056.jpg 


馬の背のような岩稜帯。こういうところは私の好物。
18617awa0059.jpg 


おお~、クサリ場もあるではないか。これも好物。特に難しいところではありませんでした。
18617awa0062.jpg 


標高900mだそうです。
18617awa0063.jpg 


コメツツジですね。ツツジとはいえ、小さい花です。
18617awa0241.jpg 


6合目に到着です。看板後ろに守門が全景を現しました。
18617awa0240.jpg 


目指す粟ヶ岳。あと1時間15分。
18617awa0239.jpg 


気持ちいいね~
18617awa0238.jpg 
 

振り返る。小山の上が6合目。
18617awa0237.jpg 


18617awa0234.jpg 


いや~~、




なんという素晴らしい眺め。

空気爽やか、緑は眩しく、小鳥の鳴き声うららかに。



この気持ち良さは、何といっても「晴れてるから」、というのはある。やっぱり山は、晴れてりゃ問題なく気持ちいいですからね。


この景色を眺めながら、山歩きが好きで良かったと、この時代の日本、新潟に生まれて良かったと心の底から思いました。
18617awa0076.jpg 


冬場以外のボトムスは、ショートパンツタイツです。そして最近はサポートタイツにヒザサポーターの、Wサポートで歩くことが多いです。
18617awa0070.jpg 

この日はCW-Xの薄手のグレーのタイツだったので(タイツはこちら 楽天 アマゾン)、ヒザサポーターも色を合わせてアクティーズのもの(楽天 アマゾン)にしました。


18617awa0071.jpg 


水場があるそうですが、行きませんでした。
18617awa0077.jpg (水平道トラバース 70m 3分)



真っ赤なツツジと守門岳。
18617awa0230.jpg 


7合目の小屋、粟ヶ岳ヒュッテ(1049m)に到着です。
18617awa0229.jpg 




お! 小屋の脇に一輪、立派なヒメサユリが咲いていました。

18617awa0084.jpg 


こちらはオダマキでしょうか。これは野生のものというより、下界から何らかの要因でここに上がって来て、居ついちゃったというところですかね。
18617awa0227.jpg 


小屋の中です。泊まってみるのも楽しそうですね。私はこういうところで泊まるのも好きです。
18617awa0081.jpg 


小屋の壁に掛けてある「粟ヶ岳賛歌」。シンプルだけどなんとも味わいのある歌詞。こういうの、いいなぁ。(クリックで拡大↓)
DSC00207.jpg 

(どんなメロディーなんだろう?) と気になりYouTubeで検索してみると、



何と驚くべきことに、粟ヶ岳賛歌を歌う動画がYouTubeにアップされているではないか。



しかも歌われている場所は、私の大好きな猿毛岳の猿毛小屋だ。作詞をされた方が歌われている、超貴重な動画。

いや~、こんなマニアックな情報が得られるんだからやっぱりインターネットはすごい。本当にすごいな~



ではまた先へ。
18617awa0085.jpg 

青空に真っ赤なツツジが映える。
18617awa0086.jpg 


カラスアゲハでしょうか。喜んで蜜を吸う。
18617awa0089.jpg 


陽射しを浴びるツツジ。
18617awa0093.jpg 


18617awa0094.jpg 


ヒメサユリが目立ち始めました。
18617awa0098.jpg 

ウラジロヨウラク。
18617awa0102.jpg 


18617awa0112.jpg 


 サラサドウダン18617awa0119.jpg  


左手の眺め。左が白山、右は権ノ神岳。
18617awa0123.jpg 


振り返る。本日最初の下山者とスライド。
18617awa0124.jpg 

 
8合目。
18617awa0137.jpg 


シロバナニガナ@ピンボケ。
18617awa0147.jpg 
 

ヒメサユリの乱舞。これは賑やか。
18617awa0148.jpg 


手前が権ノ神岳、左奥が白山。ちょっと歩くだけで風景はグンと変わる。
18617awa0152.jpg 


18617awa0155.jpg 


キツイ登りは9合目まで。ここから山頂までは楽な道に。
18617awa0158.jpg 

奥のピークが山頂。
18617awa0159.jpg 


9合目を過ぎ、見晴らしの良い中のヒメサユリロードに。
18617awa0161.jpg 


18617awaip0028.jpg 


18617awaip0027.jpg 


18617awa0167.jpg 


18617awaip0025.jpg 


18617awa0171.jpg 


秋には葉が赤く色づくナナカマドの花。これは初めて気がついた。
18617awa0224.jpg 


18617awaip0018.jpg 


オレンジのニッコウキスゲがこういう風に咲いてるのって夏にはよく見るけど、
18617awaip0015.jpg 


ピンクのユリが延々と咲いてるのって初めて見ました。すんごい数でした。
18617awaip0014.jpg 


山頂です。
18617awaip0008.jpg 




晴天の粟ヶ岳山頂。当然360度の大展望。
18617awaip0002.jpg 


18617awaip0001.jpg 



18617awaip0003.jpg 


う~~~ん、素晴らしい。空気爽やか、風はそよそよ、晴れ渡る周囲の眺め。こんな日はホントに山登りの苦労が報われる。



それでは、凍らせて持って来たノンアルで乾杯♪



ノンアルアワワ、粟ヶ岳
18617awa0195.jpg 


ノンアルアワワ、粟ヶ岳
18617awa0197.jpg 


ノンアルアワワ、粟・・・(いいから早く飲めよ)
18617awaip0006.jpg
(泡が消えたじゃないか) 



それではランチにしましょう。今日は久しぶりにうどんね。



ところで本日は、



東京ディズニーシー大規模拡張! 2022年に新エリア登場!(アナ雪、ラプンツェル、ピーターパンなど)


ってなニュースにインスパイアされて、こんなうどんにしてみました♪



18617awa0209.jpg 

うむ、この季節でも煮込みうどんはウマイ。



御神楽岳は堂々たる山容。
18617awa0221_20180619074922c42.jpg 


守門の雪解けも進む。
18617awa0217.jpg 


南方向遠望。右端の双耳峰は尾瀬の燧ケ岳。その左が浅草岳。左の平らな山が会津駒ヶ岳の稜線。
18617awa0216.jpg 


下りるのがもったいなかったけれど、後ろ髪引かれつつ下山しました。
18617awa0220a.jpg 


日曜が梅雨の晴れ間に当たってラッキーでした。こういういい日があるから、山歩きはやめられないんだよな~~



それでは本日まとめの一句。


 薫る風 桃色なびく 山の上




B型人間の山歩き



B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2614. ホント詳しいですね!

こんにちは~!!

キス釣り記事が続いておられましたが、久しぶりの山歩き記事ですね!

いつもB・Yさんの山歩き記事を見て思うんですが、メチャクチャ花に詳しくありませんか?

私なんぞ名前を言える花は数えるほど…。それもバラ、チューリップ、桜などの超メジャー級でなければわかりません。

凄いな~~~!
  • 2018-06-20 12:50
  • kisu-suki
  • URL
  • 編集

2615. Re: ホント詳しいですね!

kisu-sukiさんこんばんは!

いえいえ、詳しくなんかないです(笑)でも、長年歩いていると、定番の花は覚えますね。投げ釣りでも釣れる魚は大体決まってるじゃないですか。それと同じことです。あとは、いろんな方の登山ブログで季節の花が紹介されているので、それでも覚えられますね。わからない花はネットで調べたりもします。また、「はなせんせ」というサイトがありまして、画像を投稿すると花に詳しい方が教えて下さるんです。ここを利用したりもします。初めて見る花を見つけるとうれしいですね。

海では、秋に珍しい魚が釣れることが多いような気がします。あったかい海の水に乗って、南の魚が流れてくるんですよね~
  • 2018-06-20 19:36
  • B・Y
  • URL
  • 編集

2616. 

こんばんは、B・Yさん!
ヒメサユリ咲く山行、すんばらしい!
ヒメサユリロードは、ニッコウキスゲどころの騒ぎではないですね、へたすりゃスキップしちゃいそうですよ(笑)
新緑輝く森を抜けて、爽やかな風が吹く稜線を歩けるこの季節は、本当に山歩きにぴったり!
私もいつか、ヒメサユリちゃんに会いに行きますよ~!
  • 2018-06-23 22:31
  • URL
  • 編集

2617. Re: タイトルなし

悠さんおはようございます!

ニッコウキスゲの咲き乱れるところは歩かれたことあると思いますが、ピンクのユリは珍しいのではないでしょうか?

山の下の方はもう1か月ほど前に見頃を終えているのですが、山の上は遅かったですね。アテにしてなかったのでうれしい驚きでした。

いつかぜひお越しくださいませ!
  • 2018-06-24 04:31
  • B・Y
  • URL
  • 編集

2642. どっちが?

何度か登っているけど山頂の展望は毎回ガスっているか、イマイチな時ばっかり…今回の加茂からと下田からではどっちがキツイと思いましたか?
  • 2018-07-25 06:59
  • Satoru
  • URL
  • 編集

2643. Re: どっちが?

Satoruさんおはようございます。

自分の印象では下田からの方がキツかったように思いますが、その時は久しぶりの登山だったはずですし、自分の体次第のところもあると思います。一般的には下田のほうがキツイと言われてるみたいですが。

まあどっちもキツイ山ですね~
  • 2018-07-25 07:20
  • B・Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog.fc2.com/tb.php/990-477476e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

カットゾーン フルール  三条市の山歩き好き店長  のいる美容院

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。