鳥甲山:2匹の熊とニアミスの夏(長野県栄村)


B型人間の山歩き  

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド


2018年8月18日、長野県栄村にある鳥甲山(とりかぶとやま:2037.7m)に行ってきました。

コースタイム : ムジナ平登山口駐車場(4時間10分)鳥甲山山頂(2時間40分)屋敷登山口(電動自転車 25分)ムジナ平登山口駐車場




当日歩いたルートのポイントです。



鳥甲山の登山口に向かう途中の道路から鳥甲山方面の眺め。冒険心が刺激される岩壁。あの稜線を歩きます。
tori188180001.jpg 



今日は登り口と下り口が違います。なので、下り口の屋敷登山口に自転車をデポしておきます。登り口のムジナ平までは標高差で160mほどの登りになるので、電動自転車です。
tori188180002.jpg 



ムジナ平登山口の駐車場です。トイレはありませんでした。
tori188180003.jpg 



登山口。「急なヤセ尾根注意」とありますね。確かにヤバイところもあります。
tori188180004.jpg 



急坂のブナの樹林帯を登って行きます。
tori188180006.jpg 



tori188180008.jpg 



キツイ急登も、青空が癒してくれる。
tori188180010.jpg 



樹林帯を抜け、視界が開けました。ピークが見えます。これからいくつのも似たようなピークを越えて行きます。
tori188180012.jpg 



苗場山の平らな姿が見え始めました。
tori188180013.jpg 



赤クラの頭の赤い岩壁。下りはあの稜線を歩きます。
tori188180014.jpg 



tori188180023.jpg 



どは~! 秋山郷の大展望! 写真では納まりきらない広大な空間。素晴らし過ぎて、うっとりとしてしまう。
tori188180024.jpg 



そして、本日第一の緊張ポイントにやって来ました、万仏岩です。ハシゴは使わず、左側のクサリを使って登りました。
tori188187000026.jpg 



登ったところから見下ろす。高さは10mくらい? 久しぶりにちょっと緊張して、三点確保しながら登りました。
tori188180027.jpg 



万仏岩の上で休憩。奥の左のトンガリが笠法師山で、右は烏帽子岳かな。
tori188180030.jpg 



次なるピーク、布岩。
tori188180033.jpg 



初めて見ました、シラタマノキの実。
tori188180034.jpg 



リョウブの花の向こうに赤クラの頭。
tori188180038.jpg 



リョウブの花。これも初めて見ました。何気なく花の匂いを嗅いでみると、これがなんとも清冽で上品な、甘くていい香りがするんだ。
tori188180039.jpg 



布岩を登って行きます。
tori188180040.jpg 



この日も夏の花がたくさん咲き誇っていました。



ママコナの蜜を味わうミツバチ。
tori188180043.jpg 



アキノキリンソウ
tori188180044.jpg 



ホツツジ
tori188180045.jpg 



ハクサンシャジン
tori188180047.jpg 



ガレ場を登る。
tori188180049.jpg 



地を這うアカモノの赤い実。ず~~っと実がなっていました。
tori188180051.jpg 



秋山郷の谷を挟んだ向こうに平らな苗場山を臨む。ずっと秋山郷を見下ろしながら歩いて行きます。ほんとに大眺望なんだこれが。たまんねーな~
tori188180059.jpg 



次は白クラの頭を登る。
tori188180060.jpg 



こんなところは心躍る。
tori188180064.jpg 



青空の下の稜線歩き。これが山好きにはたまらない。
tori188180066.jpg 



タテヤマウツボグサ
tori188180069.jpg 



ホソバコゴメグサ。葉の特徴から間違いないでしょう。
tori188180072.jpg 



今日は黒のタイツ(こちら)とサポーター(こちら アマゾン 楽天)です。ヤバイところがあるんで、気合を入れて来ました。最近はもっぱらタイツとヒザサポーターのWサポート。
tori188180073.jpg 





オオカメノキの赤い実と笠法師山・烏帽子山。
tori188180077.jpg 



広い秋山郷のアリーナを眺める観客席。こういう超広大な空間を感じられるのも山歩きの楽しさ。そして、こんな壮大な眺めが延々続くところはなかなかありません。ぜひ足を運んで味わってみて欲しいです。
tori188180078.jpg 



青空に上がって行く。
tori188180080.jpg 



ツバメオモトの青い実。
tori188180081.jpg 



苗場山のふもとに集落が見えます。
tori188180082.jpg 



急登が終わり、緩やかな針葉樹林帯になりました。
tori188180085.jpg 



針葉樹の木々の中。夏の高山の針葉樹林帯は、「夏山に来た~」って感じがしていい。
tori188180086.jpg 



こういう感じが好きです。
tori188180088.jpg 



周りの視界はなくなりました。
tori188180089.jpg 



原生林のようなところ。甘いとさえ感じられる、濃い森の香りがしました。
tori188180091.jpg 



白クラの頭に到着です。なんだ、まだ山頂まで2.6kmもあるのか。
tori188180092.jpg 





こんなところを通って。
tori188180093.jpg 



しばし平らな樹林帯を進む。
tori188180095.jpg 




しばらく歩くと、左手の遠目に北アルプスの山並みが見えました。

tori188180098.jpg 



恐らく正面に見えているのは鹿島槍~五竜~唐松岳のあたりで、鹿島槍の左奥にあるのが立山だとは思うのだが確信はない。



そこで、新兵器登場。



「ピークファインダー AR」というアプリを最近購入しました(購入時に600円課金)。

tori188180099.jpg 


山座同定をしたい山に向かってスマホをかざすと、立ち位置から見える山々の形状と山名を表示してくれるのです。携帯電波が届かなくてもOK。これは素晴らしいです。やはり鹿島槍の後ろは立山でした。


PeakFinder AR
 

Androidアプリダウンロード(アマゾン)



さて、いよいよ鳥甲山の名物ポイント、カミソリ岩に上がって行きます。
tori188180105.jpg 



オヤマリンドウ。花はあまり開かないのが特徴。
tori188180106.jpg 



ハクサンオミナエシ
tori188180107.jpg 



そしてやって来ました、鳥甲山の危険ポイントの核心部、カミソリ岩の断崖絶壁のところ。右側はスッパリ切れ落ちてます。落ちたらOUT。
tori188180116.jpg 



いや~~、久々にション○ンちびりそうなところに来ました。落ちたら間違いなくあの世行き。自己責任ですけど、こういうところが登山道としてアリなところはうれしいですね。生と死が隣り合わせの、こういう非日常の冒険心を刺激するところがあってもいいと思うのですよ。落ちたら死にますけどね。



カメラでのぞき込む。ビビッてのぞき込み方が甘かった(怖いんだもの)
tori188180118.jpg 



登山道は狭い。クサリ側に身を寄せて、そそくさと通り過ぎました。緊張感ありましたね。
tori188180117.jpg 



通り過ぎたところから振り返る。切り立った崖。
tori188180120.jpg 



カミソリ岩の崖ポイントを通り過ぎました。この岩は右に巻いて行きます。
tori188180122.jpg 



上の岩の脇から右に急降下していきます。ロープが無いと下りるのは難しいくらいの急坂。
tori188180125.jpg 



見えてきた鳥甲山の山頂。
tori188180126.jpg 



苗場山の山頂部も同じ目線になってくる。
tori188180128.jpg 



カミソリ岩を振り返る。
tori188180132.jpg 



カミソリ岩の左に佐武流山(さぶりゅうやま)。佐武流山もいつか訪れてみたい山。
tori188180133.jpg 



歩けども歩けどもなかなかたどり着かない鳥甲山。
tori188180137.jpg 



ここも名物ポイントの1つ。もろく崩れそうな馬の背の登山道が、鉄線で保護されていました。登山道を整備してくださる方に感謝です。
tori188180139.jpg 



近づく鳥甲山の山頂。
tori188180140.jpg 



こんな木の感じも好ましい。
tori188180142.jpg 



ヤマハハコ
tori188180144.jpg 



これから赤くなるマイヅルソウの実。
tori188180145.jpg 



ややや!? ニョキニョキと伸びる、赤いキノコ。猛毒の「カエンタケ」か?と思ったものの、似ているもので「ベニナギナタタケ」というのもあるとか。感じとしてはベニナギナタタケのような気がしました。
tori188180146.jpg 



もうちょっと。右の草原を上がって行きます。
tori188180148.jpg 



どっさりハクサンシャジン。
tori188180152.jpg 



アザミの咲く草原。
tori188180153.jpg 



コウメバチソウ
tori188180154.jpg 



苗場山と秋山郷。
tori188180157.jpg 



ゴゼンタチバナの赤い実。
tori188180159.jpg 



白クラの頭~カミソリ岩の来し方を振り返る。
tori188180160.jpg 



こういう感じに弱い。つい撮ってしまう。
tori188180161.jpg 



烏帽子岳~岩菅山方面。あの稜線にも道があります。いつか歩いてみたいですね。
tori188180163.jpg 



奥志賀高原スキー場遠望。
tori188180164.jpg 



もうすぐそこ。
tori188180166.jpg 



そしてやっと鳥甲山山頂~ 4時間10分もかかった。
tori188180169.jpg 





山頂の道標は薄れていて残念。
tori188180170.jpg 



この日は山専ボトル(アマゾン 楽天)に氷をギッチリ詰めて持って来ました。そこにお茶やスポーツドリンクを入れて冷たーくして飲みました。もうメッチャうまい。しかし、この日はどうもやたらと登るのがキツく感じたんだけど、もしかしたら冷たすぎる飲み物で体が冷えちゃったからなのかな?と思いました。冷たいのは美味しいんですけど、行動パフォーマンスにはマイナスな面もあるようです。
tori188180171.jpg 


ここで一句:

氷水 パフォーマンスが 落ちるのね




山頂からは遠くに槍・穂高から後立山連峰まで見えました。



山頂で、後から来られたお兄さんと山談義。長野市から来られたとのこと。3日前には越後駒に行ったが雨とカミナリで大変だったとか。




セブンイレブンのおにぎり、ベーコン、白菜漬けでランチとして、下りることにします。長野のお兄さんよりちょっと先に下りました。


左手に柏崎の米山刈羽黒姫山が案外近くに見えて驚き。
tori188180174.jpg 



山頂からちょっと下りて登山道分岐。右から上がって来ました。左に下ります。分岐の道標は朽ちて草むらに倒れていました。
tori188180176.jpg 



下りて行く眺め。
tori188180177.jpg 



陽当たりの良いところのオヤマリンドウは花開く。
tori188180179.jpg 



山頂を振り返る。
tori188180184.jpg 



高山の趣。
tori188180185.jpg 



笹ヤブに開かれた道。
tori188180186.jpg 


前のピークが赤クラの頭か。右側は斜度こそ緩いが崖。落ちたら上がれない。
tori188180187.jpg 


tori188180188.jpg 



なぜか崖の上にばかり咲いていたマツムシソウ。久しぶりに見たなぁ
tori188180189.jpg 



カニコウモリはいつも薄暗い樹林帯にいる。自分に合った、場所がある。
tori188180192.jpg 



こんな道は写真を撮りたくなる。
tori188180193.jpg 



カミソリ岩を眺める。ヤバかったのは中央付近か。
tori188180195.jpg 



鳥甲山山頂もこのあたりでお別れ。
tori188180196.jpg 



下界を見下ろしながら歩いて行きます。
tori188180201.jpg 



背後から長野のお兄さんが近づいてきている模様。熊よけ鈴の、チリーン♪という上品な音がよく聞こえてきます。



ツバメオモト
tori188180202.jpg 



この角度からは正面に佐武流山を置いた広大な秋山郷を臨む。この圧倒的な広さ、もうたまりません。
tori188180203.jpg 



青空に向かう、こういう小道の感じが好きです。
tori188180204.jpg 



赤クラの頭を越えて振り返る。
tori188180206.jpg 



そして、ここで今回の山行で最大のヤマ場を迎える。



tori188180207.jpg 


私は上の写真の右下のあたりで休憩し、水を飲んでいた。相変わらず長野のお兄さんの熊よけ鈴の「チリーン♪」という音がよく響いて聞こえてくる。




すると!




上写真の左側の草むらを、何か大きな黒い物が「ずざざざ~~!!」っと落ちて行くのが見えた。私は確かに見た。 

なんだ? 今の? (??;)



最初は長野のお兄さんが勢い余って落ちたか、ザックでも落としたのかと思った。でも相変わらず熊よけ鈴の「チリーン♪」という音は続いている。



加えて、実は姿こそ見えなかったものの、登山道右側の樹林帯にも、何かが同時に「ずざざざ~~!!」っと落ちて行く音が聞こえたのだ。



何だろう? あんな大きさの岩が簡単に落ちるはずはないし、何が落ちたのかまったく見当がつかない。


上記の概略図はこう↓
tori188180207c.png 



そこへ、程なく長野のお兄さんが熊よけ鈴を鳴らしながらやってきた。そしてこうおっしゃった。



「今、熊が落ちて行きましたね」



「え? 熊だったんですか?」



「ええ、2匹。両側に落ちて行きましたね。気をつけて行きましょう



と言うと、落ち着いた様子で先に下りて行かれた。



登山を始めて以来、初めての熊とのニアミスだ。落下地点との距離は2~30mだろうか。



この出来事があって、家に帰ってから熊よけ鈴のことを調べていたら、クマは高い音に敏感で、かつ嫌いらしい。



なるほど、それであのチリーン♪とよく響く甲高い音に反応したのか。



しかしな~、私は運良く熊には遭遇せず、その後登山道に2匹の熊が来て、更にそのあとから来た長野のお兄さんの熊よけ鈴の、チリーン♪という音に驚いて、2匹が登山道の両脇に転げ落ちて行ったのだ。


なんという芸術的な展開? このときの全体の動きをドローンで捉えていたら、実にいい映像となったことだろう。


ここで一句:

高い音 熊が落ちてく 夏の山



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(後日後記:上記のことがあって、新しく熊よけ鈴を購入しました。同じ商品ではないと思いますが、音色はこんな感じでした↓)


南部鉄器製熊よけ鈴:アマゾン 楽天
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



そんなことがあったんで、熊よけ鈴を取り出しました。あまり登山者のいない山奥だし、つけとくべきだったな。
tori188180208.jpg 





鈴をリンリン♪ 鳴らしながら行きます。
tori188180209.jpg 



先を歩く長野のお兄さん。熊を間近に見たのに落ち着いた様子でした。
tori188180211.jpg 



空は秋の気配も漂う。
tori188180218.jpg 



またしばらく歩いて水を飲むために休憩。そしてまた歩き出すと、熊よけ鈴をどこかで落としたのに気づいた。ザックにしばり付けていたのだが、緩かったのだろう。



探しに戻りましたが、見つかりませんでした。



樹林帯に入ります。
tori188180219.jpg 



またブナの樹林帯に。鳥甲山付近は上信越高原国立公園になっているとか。熊もいるいる大自然。
tori188180221.jpg 



見える景色も変わってきます。
tori188180223.jpg 



これは初めて見ました、イヌトウバナです。
tori188180234.jpg 



ブナの林を通り抜け、
tori188180235.jpg 



雪崩防御壁を巻いて進みます。
tori188180237.jpg 



tori188180238.jpg 



樹林帯を下りて行くと、あるところでT字の別れ道になりました。道標はありません。どちらでも下りられそうでしたが、左を下りました。
tori188180241.jpg 



コウゾリナ(顔剃菜・髪剃菜)
tori188180242.jpg 



そして屋敷登山口に下りて来ました。
tori188180245.jpg 



デポしておいた電動自転車で戻ります。このあたりはあまり駐車スペースはないですが、
tori188180246.jpg 



屋敷トンネルを抜けると、
tori188180247.jpg 



広い駐車スペースがあります。
tori188180248.jpg 



やっぱ電動は楽チン♪
tori188180249.jpg 



左手の眺め。左は苗場山から半島のように突き出る檜ノ塔。右は大岩山。
tori188180250.jpg 



電動だけど、漕がなきゃならぬ。
tori188180251.jpg 
(漕ぎ漕ぎ~)



大岩山
tori188180253.jpg 



そして標高差160mを漕ぎ上げ、25分で駐車場に戻って来ました。歩いたら3倍は時間かかったかも。
tori188180256.jpg 




家に帰ってからクマの話を奥さんにしました。すると、



「やっぱりあなたは守られているのよ」



と、また言われてしまった。



そうだよなぁ、まかり間違ってあの登山道を熊がまっすぐ走って下りて来たらどうなっていたか、想像するとゾッとする。



そして熊よけ鈴を落としてしまったので、新しいモノをネットでポチりました。モノはこちら



鳥甲山は、落ちたらOUTなところが今回の日記以外のところにもまだまだある危険な山で、初心者の方が単独で行くのはヤメといた方がいいでしょう。でも、秋山郷の大展望と大空間を満喫できる素晴らしい山でした。


それでは本日まとめの一句:

熊ちゃんは 甲高い音 嫌いなの




B型人間の山歩き  アマゾン 楽天


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2684. トリカブト、、で連想するのは^^;

トリカブトの漢字表記って、これなんですね。

山草から採れる「猛毒」で…忍者が手裏剣に
塗って殺傷能力を…というイメージが浮かぶ
のは、、幼少期にTVで見たアニメ「サスケ」
や特撮「仮面の忍者 赤影」の所為でしょか?
(大汗)
  • 2018-08-21 19:59
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2685. Re: トリカブト、、で連想するのは^^;

ひろかずさんこんばんは~

トリカブトは毒で有名ですね。そして地域ごとに品種が分かれるんだそうです。キタダケトリカブトがありましたし、ミョウコウトリカブトってのも妙高山の山頂部にたくさんありました。でもこの日はトリカブトは見かけませんでしたねぇ。
  • 2018-08-21 21:57
  • B・Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog.fc2.com/tb.php/1007-a2bcbe33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

カットゾーン フルール  三条市の山歩き好き店長  のいる美容院

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。