息子と北岳へ〜届かなかったあの夏のリベンジ山行記 (3日目)


B型人間の山歩き  

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

2018年8月2~4日、山梨県の南アルプス市にある北岳(きただけ:3192.5m)に行ってきました。

 8/4 (3日目)の日記です。 1日目  2日目

 コースタイム (休憩込み): 北岳山頂(5時間10分)広河原山荘



当日歩いたルートのポイントです。



8月4日、3日目の朝。


夜中に何度も目が覚めたものの、まずまずよく眠れた。頭痛もまったくない。



ところが、息子は頭の奥がひどく痛いという。完全に高山病だ。



私はすっかり回復し、朝食も完食。しかし、息子は汁物に少し手をつけたのみで食べられない。
kita18820059.jpg 


朝食後、外に出てみる。


雲海に浮かぶ富士山。きっとあの富士山の山頂にも大勢人がいることだろう、ナウ。
kitadakeasa3a.jpg 


息子は頭痛がひどく、「早く行こう」と急かされる。


kita1882c0004.jpg 


昭和大学の診療所にも寄らず、一刻も早く山を下りることにする。
kita1882c0003.jpg 


サラバ北岳山荘。我が家はどうもここに来ると具合が悪くなる。
kita1882c0006.jpg 


苦しみながらも歩いて行く息子。しばらくは登りで、やや標高が上がることになる。「下がれば絶対楽になるから」と励ましながら行く。
kita1882c0007.jpg 


昇る朝日を正面から受ける。
kita1882c0009.jpg 


数分歩いては頭痛で動けなくなる。 「あ~、頭いてえ」 前回とまったく同じ展開。
kita1882c0011.jpg 


下がれば絶対楽になるからと、声をかけながら後ろからついていく。



すると、


kita1882c0016.jpg 

ブロッケンだ! 朝日を浴びて、すぐ後ろにガスがあるからこうなる。


だが息子はそれどころではない様子。



やっと八本歯のコルへの分岐に。このトラバース道もハシゴの上り下りがあったりしてなかなか厄介。
kita1882c0018.jpg 


八本歯のコルとのトラバース道は陽当たりもよく、お花畑となっていました。息子が歩いては止まるので、その合間に撮影。



タカネイブキボウフウ。セリ科の植物はほんとに紛らわしい。赤い蕾は開花前のもので、これが白い花に変わるとのこと。
kita1882c0022.jpg 


タカネナデシコとミネウスユキソウ。
kita1882c0023.jpg 


これも初めて見る植物、キタダケヨモギ。
kita1882c0025.jpg 


見上げる。北岳の岩肌。
kita1882c0027.jpg 


キンロバイ
kita1882c0029.jpg 


数分歩いては頭痛で動けなくなるムスコ。右に落ちないよう気をつけろと声をかける。
kita1882c0030.jpg 



タカネグンナイフウロ
kita1882c0032.jpg 


間ノ岳が全容を見せた。
kita1882c0033.jpg 


キタダケトリカブト
kita1882c0034.jpg 


イブキトラノオ
kita1882c0036.jpg 


ハシゴの上り下りは慎重に。
kita1882c0041.jpg 


「北岳山荘より高いじゃん。だっる。あ~~頭いてえ。くっそ~」



「下りれば楽になるから。あとは下るだけだから」



kita1882c0042.jpg 


kita1882c0044.jpg 


北岳山荘望遠。まだあそこより高いところにいます。
kita1882c0046.jpg 


やっとトラバース道終わり。
kita1882c0047.jpg 


ここからはもう下るだけ。
kita1882c0048.jpg 




kita1882c0049.jpg 


八本歯のコルへと岩場を下って行きます。芦安の駐車場で受付のお姉さんに、「八本歯のコルは、下りでは使わないでください」と言われました。ハシゴの落下事故があったのだそうです。しかし、息子はもう北岳を登り返すのは無理。仕方なく最短ルートの八本歯のコルを下ります。
kita1882c0050.jpg 



「あ~~ 頭痛いな~  なんでこんなにだるいんだろ」



「下がってるから、もう少しだから」



kita1882c0053.jpg 


この岩場ゾーンは濡れていると滑るとのことで要注意とか。
kita1882c0054.jpg 


kita1882c0055.jpg 


右には間ノ岳をずっと見ながら。昨日行っといてよかった。
kita1882c0056.jpg 


kita1882c0060.jpg 


お、タカネビランジです。北アルプスではあまり見かけない花がちらほら見られてよかったです。
kita1882c0063.jpg 


大樺沢(おおかんばさわ)の雪渓も、今年の猛暑のせいでしょうか少なくなっていました。これからあの脇を通ります。
kita1882c0065.jpg 


北岳の東側斜面、通称「バットレス」。
kita1882c0066.jpg 


そして、このハシゴが今年も落下事故があったという危険なハシゴ。慎重に下りるよう指示。確かに長いハシゴですが、ゆっくり慎重に動けば問題ないと思います。
kita1882c0073.jpg 



そして八本歯のコルに到着です。ここから左に急降下していきます。

kita1882c0076.jpg 
(全然頭痛が治らないというムスコ)



ここで間ノ岳とはお別れ。サラバ!
kita1882c0077.jpg 


オンタデ
kita1882c0078.jpg 




ここからは植物帯を急降下していきます。すると、、、
kita1882c0079.jpg 




「あれ? 頭が治った」



なんと、あっという間に頭痛が消えたようだ。植物がある分、酸素が豊富だからだろうか。八本歯のコルから下がったら元気になり始めたのも前回と一緒。



とにかく息子が元気を取り戻してホッとする。



そして、ホッとしたところでアクシデントが起こる。



なんと、




私が登山道を踏み外して右の谷に落下。




これは落ちたところを振り返ったところ。こちらの写真の、2人の登山者脇の斜面に2mほどだろうか、登山道を踏み外して落っこちてしまった。こんなのは初めてだ。灌木に乗る形になったのでケガはまったくなかったものの、焦った。油断大敵雨あられ。
kita1882c0080.jpg 


「パパ、木に乗って宙に浮いてたよ」

kita1882c0081.jpg 



北岳バットレスを眺める。
kita1882c0086.jpg 


すると、どうもあの岩壁に人が貼り付いているように見える。

kita1882c0105.jpg 


わかりますか?
kita1882c0104.jpg 


これならどうでしょう? 3人見えます。
kita1882c0103.jpg 


あんなとこも、経験と装備があれば行けるんですな。クライミングの世界ですが、高所恐怖症の私にゃとってもムリ。



そしてまた下って行くと、白人の男性とすれ違った。
kita1882c0099.jpg 


どこから来たのか訊いてみる(山で外人を見るとつい声をかけてしまう)



すると、




Barcerlona」




だと言うではないか。おお~、バルセロナ、スペイン人か。以下「バル男」



すると、



バル男「Do you know Messi? Iniesta?



と訊いてくる。サッカー好きな息子が「Yes!」と答える。



イニエスタは明日神戸に来るとのこと。いったんスペインに帰国していたが、また戻って来るらしい。そして、この男性は2週間後に、彼の友人を通じてイニエスタに会うのだそうだ。



バル男「これが北岳?」



そうだと答えると、彼に頼まれ、北岳バットレスをバックに彼の写真を撮ってあげた。



バル男「富士山はどっちの方角に見える?



B「あっちですよ」



バル男「見えましたか?」



B「朝は見えましたけどね」



バル男「今は雲ってるかも?」



B「そうですね」



お互いに「いい旅を!」と言って別れた。



大樺沢の上部に出ました。
kita1882c0108.jpg 


ミソガワソウだらけ。
kita1882c0112.jpg 


kita1882c0116.jpg



そしてこのあたりで、北岳山荘での忘れ物に気づいた。



わちゃ~、




昼飯の弁当もらってくるの忘れた@1000円




朝食後に食券と引き換えだったのだが、朝から息子に「早く行こうよ!」と急かされて、アタマから飛んでいた。



「弁当取りに戻るか?」



「そんなわけないっしょ」



登ってゆく人。
kita1882c0119.jpg  


これはタカネツメクサでもイワツメクサでもないしちょっと違うな~と思って調べたら、ミヤマミミナグサという花でした。これも初めて見た。
kita1882c0124.jpg 


kita1882c0126.jpg 


頭の芯がやや痛むものの、ひどい頭痛はすっかりよくなった様子。
kita1882c0128.jpg 



斜面に広がるお花畑。北岳山麓はホントに花が豊富。
kita1882c0131.jpg 


キオンとヤマホタルブクロ。
kita1882c0132.jpg 


kita1882c0133.jpg 


徐々に登山者も増えて来た。
kita1882c0140.jpg 


ミヤマハナシノブ。これも初めて見る花。白根御池小屋の部屋の名前は「ミヤマハナシノブ」でした。
kita1882c0142.jpg 


ミヤママンネングサ
kita1882c0144.jpg 


kita1882c0146.jpg 


タカネグンナイフウロ
kita1882c0147.jpg 


ミヤマハナシノブとタカネグンナイフウロが競って咲く登山道でした。
kita1882c0149.jpg 


どんどん登って来る。
kita1882c0154.jpg 


グローブはミレーの今シーズンのモデル(こちら)。薄くて軽快。
kita1882c0159.jpg 

もちろんスマホタッチ対応。操作性もグッド。手のひらは滑り止め加工。いいグローブです。
kita1882c0158.jpg 




二俣に来ました。思ったより遠かった。
kita1882c0161.jpg 


二俣より見上げる北岳の岩肌。
kita1882c0163.jpg 


公衆トイレが設置されているので立ち寄りました。
kita1882c0165.jpg 




ここからは徐々に樹林帯に入って行きます。
kita1882c0170.jpg 


kita1882c0172.jpg 



何度か渡渉を繰り返します。
kita1882c0174.jpg 


登って来る登山ツアーとの渋滞待ちも。
kita1882c0178.jpg 


kita1882c0180.jpg 



大樺沢を渡る。
kita1882c0181.jpg 


涼し気な流れ。
kita1882c0182.jpg 



kita1882c0183.jpg 



ジャコウソウ
kita1882c0185.jpg 


大樺沢の清流の脇を歩く気持ちいい道。
kita1882c0188.jpg 


白根御池小屋との分岐に戻って来ました。
kita1882c0193.jpg 


あとは林の中をちょいと下って、
kita1882c0194.jpg 


kita1882c0196.jpg 


広河原に到着~
kita1882c0198.jpg 


冷たい炭酸が欲しい。ペプシがあった。
kita1882c0199.jpg 


吊り橋を渡って戻る。
kita1882c0200y.jpg 


タクシーで芦安の駐車場まで戻って来ました。3日ぶりの風呂で山の汚れを落とします。いや~ 気持ちよか~♨
kita18820062.jpg 


息子は下山の途中から、



「きじ鍋が食いたい きじ鍋が食いたい」



などと抜かす。以前登山かキャンプの帰りに山梨できじ鍋を食べたのを覚えていたらしい。そういやそんなこともあったっけか。



スマホで調べたが、近くにきじ鍋屋はない模様。



ならば山梨の名物を食って帰ろうではないか。



ってなことでやって来ました、甲斐市にあるほうとう屋さんです。
kita18820063.jpg 


小作という、チェーン店のほうとう屋さんです。お客さんはほとんど県外ナンバー。
kita18820064.jpg 


中に入ると巨大な古民家風。旅情をそそるいい雰囲気。



2人とも「かも肉ほうとう」を注文。
kita18820065.jpg 



かも肉ほうとう、着丼です。
kita18820066.jpg 


さすがにこのうどんに、しょうもない小細工をするアイテムは持って来てません。



いただきまーす♪
kita18820068.jpg 


大ぶりの具がたっぷりと入っていて大満足でありました。



そして息子を塩崎駅に送り届け、ツアー終了。
kita18820070.jpg 


それでは最後に、よろしければ合唱曲「雲の指標」をお聴きください。




6年越しの夏休みの宿題が終わりました。北岳に登ることはできたけれど、まったく美しい山行とは程遠かった。それも我が家らしくていいかも。でもまたいつか、高山病にならぬ完全制覇を目指したい。新しい課題ができました。


息子は「来年は北アルプスもいいかな~」なんて言っていました。さて、どうなりますか。


それでは今回まとめの一句:

北岳は ゆっくり登らな いかんぜよ


次点: 

高山病 体質どうにも なりません





B型人間の山歩き  アマゾン 楽天


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2666. 去年6年越しの登頂お疲れ様でした(^.^)

北岳バットレスの大岩壁…アレを左から巻くか
右から巻くかで二俣に分かれ道なのですよね^^;

高山病は、標高が高いと酸素濃度が低くなるのも影響してるんですかねぇ。。以前、富士登山
の同行者が、スプレー型の「酸素ボンベ?」を
持参してたけども気休めにはなるのかなぁ?

☆ヘリウムガスだと…ドナルドダックの甲高い
声になるバラエティグッズを連想して、自分は
使ったこと無いのですけれども(^.^)
  • 2018-08-12 17:53
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2668. 

続けてこんばんは、B・Yさん!

あちゃ~、息子さん大丈夫かと思ったら、まさかまさかの高山病再発(--;
うぅぅ、辛かったことでしょう(涙)
高山病は空気が薄くなる場所でなるものなので、山荘についてもすぐには休まず、深呼吸をしたり人と喋ってりして、とにかく体内に酸素を取り込むのがいいそうです。
あと、指先に火を灯しているイメージで、その火が揺らぐように肺の空気を吐ききるまで息を吹きかけると、大きく息を吸い込んで、高山病の予防になるそうです。
しっかり吸うには、まず息を吐き切ること、ですって!
私も高所で休憩中にやってみます(^^

ミヤマハナシノブ!
私、この花の少し藤色がかった青が大好きです!
優しい色と形をしていますよね(^^
ホント、高山植物って人の手が入っていないのに、とても素敵な色や形をしていて、どれだけ見ても飽きません♪

小作のほうとう、美味しいですよね~!
うちも山梨に行くと必ず寄ります(^^
以前は、ほうとうを食べに山梨に行ったことがあるくらい、好きです(笑)
  • 2018-08-12 18:46
  • URL
  • 編集

2669. Re: 去年6年越しの登頂お疲れ様でした(^.^)

ひろかずさんこんばんは~

右俣コースを歩いたことがないので下りで歩いてみたかったのですがかないませんでした。またいつかですね。

酸素ガスもあればいいかな~とは思いましたが持っては行きませんでした。白根御池小屋で前泊すれば大丈夫だと思ったんですけどねぇ。やっぱり体質のせいかな~~
  • 2018-08-12 20:13
  • B・Y
  • URL
  • 編集

2671. Re: タイトルなし

悠さん続いてこんばんは!

いや~、息子がまたあれほどダメになるとは。前回とまったく変わらぬ展開に、やっぱり「体質なのかも」という思いを新たにしましたね。

山荘についてもすぐに休まずおしゃべりなどして、、、というのは、わかってるんです。でもできなかったんですよねぇ(遠い目) それから、呼吸法は初めて聞く話でした。覚えておきます。

ミヤマハナシノブはたくさん咲いていましたが、初めて見ました。調べてみたら、北アルプスの清水岳と、北岳、鳳凰三山にしかないらしいではないですか。どおりで初めて気づいたわけです。前回はそんなことには気づかなかったと思うので。今回も初めて見る花が多く、楽しかったです。無知も楽しいですね。

それから、小作はよく行かれるのですか(驚!) かも肉ほうとう、実にウマかったですねぇ。ムスコは普通なようでしたが、年を重ねると、ああいう素朴な素材の渾然一体となった煮物の美味しさが身に沁みます。あれはリピートしたくなるお店ですね~~
  • 2018-08-12 20:50
  • B・Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog.fc2.com/tb.php/1004-4d00eb0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

カットゾーン フルール  三条市の山歩き好き店長  のいる美容院

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。